TWICEに赤信号…個人情報流出で「もう限界」何が起きているのか

写真拡大 (全2枚)

ガールズグループTWICEのメンバーたちが相次ぐ個人情報の流出に悩まされ、苦しんでいる。

1月26日、メンバーのチェヨンは公式SNSにイチゴの写真と共に長文の書き込みを掲載した。特別な顔写真は盛り込まれていないが、普段から「イチゴ=チェヨン」のイメージがあるだけに、当該文はチェヨンが作成したとみられている。

【最新写真】世界が熱狂したTWICEツウィの“オフショット自撮り”とは?

チェヨンは「何も言わず黙って引き下がってくることを祈りながら、時を待つのはもう限界のようです。何の意味もない数字11個が、配慮と尊重がない人を通じてインターネットに掲載された瞬間、私の携帯はあらゆる電話とメールで塗り固められ、私がわざわざしなくてもいい苦労を経験しています。これらの問題は私だけでなく、私たちの大切なメンバー、当社の他の多くのアイドルの方々も同じです」と訴えた。

続いて、「何も考えず、ただ関心と愛いう言葉で包装して起こす行動と連絡が、いかに多くの人々を疲れさせ、不安にさせ、大変にさせるか少しでも考えてみてください。またそのような主張で、私たちに健康で正しい関心と応援と愛を送ってくださるファンの方々にまで恥をかかせないでください」とくぎを刺した。

これに先立ち、TWICEのナヨンとダヒョンも個人情報流出の被害を経験しており、チェヨンの訴えがさらに大きく迫ってくる。

TWICE

ナヨンは長い間、追いかけられた外国人ストーカーが航空情報を知り、同じ飛行機に搭乗してきたことで議論を呼んだ。

所属事務所によると、該当ストーカーはナヨンに無理やり近づき、この過程で騒動が起きたという。大きな事故は起きなかったが、ナヨンは飛行中、恐怖に震えていたはずだ。

これに対し、所属事務所のJYPエンターテインメント側は「航空券の情報が取引されることを知っている。明らかにする」とし、「アーティスト保護にも最善を尽くす」という立場を明らかにした。

また、ダヒョンも空港でパスポートの確認を受ける過程で、いわゆる自撮りによって個人情報が流出する被害を受けた。

さらに、チェヨンまで携帯電話番号流出の被害を訴え、日増しに深刻になる被害にメンバーやファンの心配も増えている。

またTWICEに限らず、BTS(防弾少年団)やEXOなど、数多くのアイドルスターたちらが同じ被害を訴えており、深刻さが増している状態だ。