新宿駅南口

写真拡大 (全2枚)

 新宿駅全体の1日あたりの乗降客は約350万人。これは大阪市の人口約270万人を大きく上回り、2007年にはギネスブックが“世界で最も乗降客の多い駅”として公式認定した。

「350万人というのは、あくまで改札口を通過した人の数です。JRの駅構内で、たとえば中央線から山手線などへ乗り換えた人の数はカウントされていません。11両編成の山手線は100%乗車で約1700人。乗り換えの人数を入れるとすごい数になりますよ」

 と解説するのは、8月に『そうだったのか、新宿駅 乗降客数世界一の駅の140年』(交通新聞社新書)を出版した、旅カメラマンの西森聡氏。同氏は、主にドイツやスイスを取材し、『ヨーロッパ鉄道紀行 15日間で6カ国をめぐる車窓の旅』(コロナ・ブックス、平凡社)などの著書がある。

新宿駅南口

 新宿駅の開業は、1885年。『そうだったのか―』によると、

〈新宿駅はスペイン・バルセロナの世界遺産、サグラダ・ファミリア(聖家族教会)に喩えられることがある。サグラダ・ファミリアの工事は1882年(明治15)年に始まった。新宿駅は1885(明治18)年に開業しているが、以来、双方とも130年以上も延々と工事を続けている。つまり、どちらもずっと未完成、という意味の喩えだろう。しかし、サグラダ・ファミリアにはアントニオ・ガウディが描いた完成図がある。ガウディの没後100年にあたる2026年に竣工する予定とも伝え聞く。一方、新宿駅には完成図も完成形もない。2026年にも工事は続いていることだろう〉

初代新宿駅があったのはこの付近

「現在、2020年の東京五輪のために、地下に駅構内ではない、東西自由通路の建設が進められています。幅17メートルだった北コンコースが幅25メートルに拡幅され、改札は池袋駅のようにコンコースに向かって設けられる予定です」

 新宿駅誕生の経緯は、

〈1885(明治18)年3月1日、日本鉄道品川線と名付けられた路線、現在の山手線と赤羽線(埼京線)が開業した。開業時には板橋、新宿、渋谷の3駅が設けられた〉

「今のルミネエスト付近に木造の小さな駅舎が建ちました。駅の周りは桑畑や雑木林です。乗降客は1日平均で36人、多い日でも50人ほど、雨の日は乗客ゼロの日もあったそうです。当時は、人を乗せるよりも、薪炭など貨物の運搬が主だったからです」

 1889(明治22)年に甲武鉄道の新宿〜立川間が開業。のちの山手線と中央線の共同使用駅となり、現在の新宿駅の骨格が形成された。

2つの新宿駅

〈1904(明治37)年1月、新宿駅では大々的な改良工事が始まっていた。甲武鉄道の電化や山手線の複線化に対応するためと、日々増大する輸送需要に対処するため、新たな駅本屋を建設する、構内を拡大してホームや留置線を増設する、電車庫を新設するという大規模な内容だった。(中略)面白いことに、電車用ホームのわずか200メートルほど北側の駅構内にもホームがもう1本設けられていた。甲武鉄道の電車は上りも下りも1つめの新宿駅を出たかと思うとすぐに、もう1つの新宿駅に到達した。2つの新宿駅は駅本屋側が甲州口、北側は青梅口と呼び分けられていたが、それぞれ別々に改札口が設けられており、両方ともれっきとした新宿駅だった〉

 開業から30年近く経って大正時代を迎えると、新宿駅はさらに拡充され、駅周辺にも市街を形成していった。山手線と中央線は新宿駅構内で平面交差していたが、大正初めには、増大する運転本数に対応するため、立体交差工事も進められた。

「1923(大正12)年の関東大震災以後、新宿駅の拡張工事が繰り返されます。関東大震災では、浅草など下町の被害が大きく、武蔵野台地の上は被害が少なかったので、住民の多くがそこへ引っ越した。そのため中央線、京王線、小田急線沿線の人口が軒並み増えて、その人たちが新宿へ向かったのです。乗客は延々と増え続け、駅を拡張してもすぐにキャパが一杯になるので、また拡張を行う、というのを繰り返した」

 1927(昭和2)年には、1日あたりの乗降客数は山の手線と中央線だけで5万7338人となり、東京駅の5万5707人を抜いて日本一となった。

「新宿駅は、たとえば渋谷駅のような“若者の駅”といった特徴がなく、万人の駅になりました。国籍、性別、年齢、貧富など、すべてをひっくるめて受け入れる駅です」

 第二次世界大戦で、新宿駅前一帯は焦土と化したが、それでも鉄道は走った。そして、新宿駅に初めて地下鉄が乗り入れたのは1959(昭和34)年、丸の内線・霞ケ関〜新宿間が開業した1962(昭和37)年に新宿〜荻窪・方南町間が開通し全線開業。工事はほぼ全線が開削工法で建設された。新宿通りを通行止めにして穴を掘り、地下2階部分にホーム、地下1階に改札口とコンコースを設け、最後に土を被せて新宿通りを復元するという大工事である。新宿駅と新宿3丁目駅の間は地下1階部分を通路でつないだ、初の地下街『メトロプロムナード』が誕生した。

「新宿西口再開発で、1971年の京王プラザホテルを始め、次々に高層ビルが建ち、さらに乗客数が増加します。当時の新宿駅は、1964年の京王百貨店、新宿ステーションビルディング(現・ルミネエスト新宿)、1967年の小田急百貨店本館、1976年新宿ルミネと次々とオープンし、商業ビルに三方を囲まれ谷間の駅のようになりました。駅施設を拡充するには、南に延ばすか地下に潜るしかなかったのです」

 実際、1978年に京王新線が開業した際は、新宿駅地下4階まで地下道を作った。1997年には、都営地下鉄12号線(大江戸線)の新宿〜練馬間が開通したが、

「大江戸線の新宿駅ホームは、地上から36・6メートル下の地下7階に設けられています。大江戸線は都庁前から甲州街道の地下5階にある京王新線・都営新宿線の新宿駅の下をくぐり抜けているのです。新宿駅西口の地下道は、巨大な蟻の巣のように張りめぐらされていますよ」

 1984年には、新宿貨物駅が廃止された。

「鉄道の貨物輸送は、60年代から徐々にトラック輸送に切り替わっていきました。赤字を抱えていた国鉄は、貨物駅跡地を再開発することで、大きな収入源になると目論んだわけです」

 貨物駅のあった南口の再開発では、1996年にタカシマヤタイムズスクエア、1998年に新宿サザンテラス、そして2016年にはJR新宿ミライナタワーが開業。路線では、貨物線を利用して1986年に埼京線が新宿駅乗り入れ開始。1991年には、成田エクスプレス運転開始。2001年には湘南新宿ラインが開業した。

「新宿ミライナタワーの下に電車が通っています。線路と線路の間に鉄骨を打って、人工基盤を造り、その上にビルを建てるという高度な技術が駆使されています」

 2020年、東京オリンピック以降の新宿駅はどうなるのか。

「7番線から16番線のホームの上に人工基盤を造って、2〜3階部分に東西を結ぶ広場を建設する予定だそうです。2022年に着工して2030年頃に完成する予定で、さらに、その広場の両端にある小田急百貨店や京王百貨店、ルミネエスト新宿は築50年を超えていますから、こちらも建て替える可能性があります」

新幹線の乗り入れ

「上越新幹線は、元々新宿駅を始発駅にしようと考えられていたのですが、建設費が7000億円を超えるため見送られたという経緯があります。現在、東京駅と大宮駅は、新幹線の容量が限界に近い。そのため、新宿駅の新幹線乗り入れは現実味を帯びています。実際、タカシマヤタイムズスクエアの地下には、新幹線用のスペースが確保されているのです」

 新幹線まで乗り入れたら、乗降客数はさらに膨れ上がり、工事も延々と続くだろう。新宿駅は永久に“完成しない駅”となるのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月27日 掲載