国内外からファンが集まり、花を手向けた

写真拡大

 34人が死亡した、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオでの放火事件。『涼宮ハルヒ』シリーズなど、世界的にも人気となっている作品を多く生み出したアニメ制作会社における凄惨な被害に、日本国内だけでなく世界中から悼む声が届いている。

【写真】燃え盛る京アニの放火現場

 米アップルCEOのティム・クック氏は19日、ツイッターを更新し「京都アニメーションは世界で最も才能あるアニメーターとドリーマーのホームだ。今日の破壊的な攻撃は日本だけでなく、世界が悼む悲劇だ」と呟いた。

 フランスやベルギー、中国大使館が哀悼の意を表したほか、イギリスでは「Help KyoAni Heal」(京アニの救済支援)としてクラウドファンディングによる支援金の募集が始まった。

 世界中のアニメファンの心を掴む京アニ。創業のきっかけは京都・伏見の団地の主婦たちだった。

 創業者の八田陽子さんは、東映動画(現東映アニメーション)の紹介で、手塚治虫さんの「虫プロダクション」に参加。原画に色を塗る「仕上げ」の技術を身につけた。

 陽子さんは東京出身。現社長の英明さんとの結婚と共に京都に移住したばかりの頃、近所の主婦たちから「通信教育でアニメを勉強したい」という声を聞いた。そこで当時30代前半だった陽子さんによる“塾”が開講すると、十数人の主婦たちが集まった。

 漫画やアニメの下請けの仕事ができると考えた陽子さんは、東京のプロダクションを回り仕事を探した。最初は内職のような感覚で、アニメ『ヤッターマン』の仕上げなどの下請けから起業した。

 英明さんの応援もあり、1985年に京アニ設立。作画部門を立ち上げ、動画の下請けも手掛けるようになり、2000年頃までには、シナリオから絵コンテ、原画、動画、仕上げまでを手掛けられる関西唯一の制作会社となった。

 京アニが下支えした作品は、『ドラえもん』『じゃりン子チエ』『美味しんぼ』『犬夜叉』など、誰もがその名を知る有名作品である。

 アニメ制作の9割が東京に集中する中、京アニは関西のアニメ文化の拠点となった。

 京アニの作品はたびたび社会現象を起こす。2007年から2009年にかけて放送されたアニメ『らき☆すた』では、作中の鷹宮神社のモデルとなった埼玉県の鷲宮神社を見ようという「聖地巡礼」という社会現象が起こった。

 2009年から深夜アニメとして放送された『けいおん!』は、放送と同時にキャラクターソングのCDなどが公式グッズとして販売され、オリコンチャート上位を占めていた。CD不況の中、作品と関連した商品は飛ぶように売れた。

 だが、今回の放火で優秀なスタッフが亡くなり貴重な原画が焼失した。その損失は計り知れない。

※女性セブン2019年8月8日号