デジカメはスマホの周辺機器だ! ワイヤレスで便利に使えるデジカメが熱い!

写真拡大 (全3枚)

近年、スマートフォンのカメラ性能の向上は著しく、撮った写真のキレイさはもちろん
・広角やズームなど、2つ以上のカメラを搭載
・アプリによる撮影機能の追加、加工機能の向上
などから、デジタルカメラを使わず、スマートフォンだけで写真を撮るという人が増加しています。

また、デジタルカメラも、日常のスナップ写真を撮るころから、旅行やイベントなど「ここぞ」というシーンの写真を撮る使い方にシフトしており、より画質や機能に優れたミラーレス一眼に人気が集まっています。

一方、手頃に写真が撮れるカメラとして人気を博したコンパクトデジカメは、スマートフォンの登場ですっかり需要が減っています。

しかしコンパクトデジカメが無くなったかというと、そうではありません。
実は「スマートフォンにプラスアルファ」するカメラとして、今も絶えず進化を続けているのです。


○決め手はWi-FiやBluetooth



最近のコンパクトデジカメの多くに搭載されている機能が
・Wi-Fi
・Bluetooth
こうしたワイヤレス通信機能です。

これらの通信機能は主にスマートフォンと接続し、コンパクトデジカメで撮影した写真をスマートフォンに送ることが想定されています。

どれだけスマートフォンのカメラが高性能になり、ズーム機能も対応したといっても、
「高画質な高倍率なズーム撮影」は、未だに難しい課題です。

高画質で撮影するためには光学ズームの搭載が避けて通れませんが、本体を薄く小さくする必要のあるスマートフォンに搭載するのは難しいからです。
ズーム撮影においては、まだコンパクトデジカメの方がスマートフォンよりキレイな写真が撮れるというわけです。

また、内蔵フラッシュ撮影でも、スマートフォンの小さなライトよりもコンパクトデジカメのフラッシュのほうが十分な光量が得られるため、暗い場所での記念撮影など、コンパクトデジカメのメリットはあります。

コンパクトデジカメであっても、Wi-Fiなどで撮影した写真を即座にスマートフォンに転送することができれば、スマートフォンでの撮影と同様に
・撮った写真を家族や友達にLINEで送信
・SNSへアップロード
・画像加工アプリでアレンジ
これらも自由にできます。

スマートフォンが苦手とするシチュエーションを、コンパクトデジカメで補完してあげることで旅行やイベントの「ここぞ」という場面の思い出はもっとキレイに残すことができるわけです。

コンパクトデジカメを
「スマートフォンのカメラ機能を拡張する周辺機器」
このように利用する道具と考えれば、まだまだ手に取って選んでみる価値があると言えるでしょう。

○集合写真もお任せ。リモコン機能にも注目



ワイヤレス機能に対応したコンパクトデジカメの多くは「スマートフォンで操作」することが可能です。

最近のスマートフォンはインカメラが自撮り(セルフィー)しやすいように広角レンズを搭載するようになってきており、複数の人を撮影できます。また「自撮り棒」などを使えば、さらに多人数での撮影も可能です。

ところが、東京ディズニーランドなどの人気観光スポットでは、自撮り棒の利用が禁止されているスポットが増えています。

そこで利用したいのがコンパクトデジカメとスマートフォンを組み合わせたリモコン機能です。

リモコン機能を使えば手元のスマートフォンで写りを確認しながら、撮りたいタイミングでコンパクトデジカメのシャッターを切ることが可能です。
集合写真はもちろん、人垣の上にカメラを掲げて撮影するような場面でも、
手元のスマートフォンで画面を確認しながらシャッターを切れるため、失敗を減らすことが可能です。

筆者自身も取材用にデジタル一眼などそれなりのカメラを持っています。
しかし普段の写真は、スマートフォンとコンパクトデジカメですましています。
コンパクトデジカメで撮った画像を即座にスマートフォンに送り、撮りづらい場面ではスマートフォンをデジカメのリモコンとして活用しています、

こうして「デジカメがあって良かった」と思える写真を撮れる機会が増えたのも事実です。

これから訪れる夏の行楽シーズンを前に、旅行やイベントでは、
「スマートフォン」と「デジカメ」を組み合わせてみてはいかがでしょうか。


執筆 迎 悟