ベネディクト・カンバーバッチ(ナショナル・シアター・ライヴ『ハムレット』)&『夏の夜の夢』

写真拡大

演劇界最高峰のロイヤル・ナショナル・シアターが傑作舞台を収録して世界に届けるナショナル・シアター・ライブ(NTL)と、神奈川芸術劇場(KAAT)のコラボイベント、「KAAT de CINEMA」が8月26日(金)から開催される。ウィリアム・シェイクスピア没後400年を記念してベネディクト・カンバーバッチ(『SHERLOCK/シャーロック』)が主演した『ハムレット』と、ブロードウェイ『ライオン・キング』でトニー賞を受賞したジュリー・テイモアが演出した『夏の夜の夢』を一挙上映。さらに、27日の『ハムレット』上映後には、KAAT芸術監督を務める白井晃氏とダンサー・俳優である首藤康之氏によるトークショーも実施される。NTLの作品でトークショーが行われるのは、今回が初。

イベントの概要は以下の通り。

<KAAT de CINEMA>
【公演期間】8月26日(金)〜8月28日(日)
【会場】神奈川芸術劇場 大スタジオ
【公演スケジュール】
8月26日 19:00『夏の夜の夢』
8月27日 14:00『ハムレット』/19:00『夏の夜の夢』
8月28日 14:00『ハムレット』
※27日の『ハムレット』上映後にトークショー

シェイクスピアが生み出した、あまりにも有名な悲劇の主人公ハムレットに挑んだベネディクトの演技は、「過去に同役を演じてきた歴代の名優たちに並ぶ」と評されたほど。英演劇界で最も権威があるとされる演技賞、ローレンス・オリヴィエ賞の主演男優賞にもノミネートされており、作品自体も同賞のリバイバル賞候補にも入っている。

一方、シェイクスピアによる喜劇の中でも特に明るいと言われる『夏の夜の夢』は、4つの話が見事に絡み合って巻き起こる、面白くも幻想的なヒューマンドラマ。テイモア以外にも、撮影ロドリゴ・プリエト(『ブロークバック・マウンテン』)、作曲エリオット・ゴールデンサール(『フリーダ』)と映画界でも活躍する面々がスタッフとして参加し、映像・音響の両面で迫力たっぷりの出来に仕上げている。

各劇場で大好評となったこの2作品をまとめて見られるチャンスをお見逃しなく。(海外ドラマNAVI)