19日の「爆報!THEフライデー」(TBS系)で、元読売ジャイアンツコーチ・木村拓也さんの妻が、死の前兆について語った。

番組では「元巨人 木村拓也 突然死から6年…37歳でなぜ…妻が死の真相を激白」と題した特集を放送。木村さんの生涯についてのVTRや、妻にインタビューを行った際の映像を紹介した。

木村さんは2010年、当時監督であった原辰徳氏からの要請で、巨人軍の1軍コーチに就任していた。しかし同年、試合前のノック中にくも膜下出血により倒れ、そのまま他界してしまう。

妻によれば、就任当時の木村さんは「(選手時代は)弱音を吐くことがなかったのが『今日もきつかった』『本当にしんどい』とすごく口にするようになった」とのこと。さらには生真面目な性格から、データ管理やスケジュール調整など、裏での努力を欠かさなかったようで、「早く認められたい」という意識が強かったそうだ。

番組によれば、こうした環境の変化による過度のストレスは血圧が高まるため、くも膜下出血を引き起こす危険があるという。

また、アルコールの過剰摂取も危険だとか。妻いわく、木村さんは周囲の誘いを断れず、たびたび先輩コーチに連れられ酒の席に同行していたそうだ。

さらに木村さんは、亡くなる直前に頭痛を訴えていたという。くも膜下出血発症の前兆には、2週間から1ヶ月前に現れる頭痛、定期的に激しい頭痛が襲う、後頭部が痛む、といった特徴があるとか。

しかし、妻はこうした前兆を見逃していたそうで「助かっただろうか」「体調管理してあげればよかったのかな」と、後悔を口にしていた。

【関連記事】
清原和博容疑者の白スーツ姿 巨人・原辰徳前監督も問題視
勝俣州和 毎朝行う健康法に突然死のリスクが判明
カフェイン中毒死 論じられていない視点に言及するTwitterに反響