【ブリュッセル共同】ウクライナ東部で2014年に起きたマレーシア航空機撃墜を捜査している合同捜査チームは19日、同機を地対空ミサイルで撃ち落としたとして、当時「ドネツク人民共和国国防相」を自称していたロシア軍元大佐のイーゴリ・ギルキン氏ら4人を殺人罪で起訴すると発表した。来年3月に公判を始める方針を示したが、身柄確保のめどは立っていない。オランダやマレーシアなどの捜査チームがオランダ中部で記者会見した