楽天モバイルが2022年5月13日に0円プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の廃止を発表。7月1日から0円プランが廃止され、データ利用量が0GBでも税込1078円の「Rakuten UN-LIMIT VII」プランがスタートする。

KDDIが異例のコメントを発表

楽天モバイルは1GB未満の利用の場合、月々0円で利用できたため、多くの人たちが契約していたと考えられる。今回の0円プラン廃止により、多くの人たちが他社に乗り消えするといわれているが、楽天モバイルが0円プランの廃止を告知した翌日、KDDIが異例のコメントを発表した。

KDDIのコメント

「平素はpovoをご利用いただき誠にありがとうございます。お申し込み集中により、ご本人さま確認にお時間を頂戴しております。完了はメールにてお知らせいたしますのでお待ちください」(引用ここまで)

楽天モバイルユーザーがKDDIのpovoに乗り換えか

楽天モバイル0円廃止の翌日、KDDIが申し込み集中を報告。「絶対に楽天モバイルの影響」とは言い切れないものの、タイミングとSNS上のスマホユーザーの報告から推測するに、多くの楽天モバイルユーザーがKDDIのpovoに乗り換えを試みていると考えられる。

楽天モバイルの契約者数が激減してもおかしくない状況

申し込みが集中のお知らせを告知しなくてはならないほど、多くの人たちがpovoに申し込みをしているわけで、もし本当に、多くの楽天モバイルユーザーがpovoに乗り換えをしているのであれば、楽天モバイルの契約者数が激減してもおかしくない状況といえよう。


※記事画像は写真素材無料ダウンロードサイト『ぱくたそ』より

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)