アルメリア賞をピースオブエイトで制した岩田望来騎手 (c)netkeiba.com

写真拡大

 6日の中央競馬の開催を終え、同日阪神で4勝をあげた岩田望来騎手が、2022年のJRA騎手リーディング2位に浮上した。

 6日終了時点の、JRAリーディング上位10人は下記のとおり。

※左から騎手名(年齢) 勝利数 勝率 賞金
※対象はJRAのみ
川田将雅(36) 37勝 29.4% 6億2776.4万
岩田望来(21) 32勝 17.5% 4億4581.6万
C.ルメール(42) 30勝 25.9% 4億6627.9万
横山武史(23) 27勝 19.1% 4億5154.5万
松山弘平(32) 24勝 13.6% 4億1533.5万
戸崎圭太(41) 22勝 13.7% 4億3520.0万
横山和生(28) 19勝 14.6% 2億8325.8万
M.デムーロ(43) 16勝 11.7% 3億9211.0万
武豊(52) 16勝 12.8% 3億8763.4万
吉田隼人(38) 16勝 11.0% 3億818.9万

 岩田望来騎手は今年デビュー4年目。父は岩田康誠騎手。2020年には76勝をあげリーディング9位、2021年には88勝で6位と早くから勝ち星を量産。

 今年の2月19日にはロータスランドで京都牝馬S(GIII)を制覇。待望の重賞制覇という一つの壁を越え躍進を続ける若武者に、ファンや関係者からの注目は増すばかりだ。