コロナ禍の入場者数制限が球団経営を圧迫(時事通信フォト)

写真拡大

「グラウンドには銭が落ちている」─―南海の名将・鶴岡一人氏は、かつてこんな言葉を残した。見事な成績を残し、チームに勝利をもたらせば、その努力は「年俸」という形で報われる。それが実力主義のプロ野球の大原則だ。しかし、コロナが猛威を振るった2020年はそうはならない。各球団とも過去に例のない減収・減益で、そのしわ寄せは選手たちに──。

【写真】帽子を片手にファンに笑顔で手を振る内川聖一

優勝しても喜べない!?

 大のプロ野球ファンとして知られる宮本勝浩・関西大名誉教授(経済学)が、興味深い試算を発表した。今年のコロナ禍でプロ球界が被った経済的損失は、12球団で約1423億円に上り、1球団平均では約120億円になるという。宮本教授が言う。

「今年のレギュラーシーズンは通常より23試合少ない120試合。当初は無観客で、現在も本来の収容人数の50%までしか観客を入れられていない。今年の総観客数は例年の約25%にとどまると推計されます。

 今年は全12球団が大赤字を抱えるのは間違いなく、とくに例年なら年間300万人以上動員する阪神や巨人のような人気球団ほど減収幅は大きくなる。球団経営はかなり厳しい状況で、オフの契約更改に大きく影響するのは間違いありません」

 すでにセ・リーグでは巨人、パ・リーグではソフトバンクが優勝を決めているが、両チームも手放しで喜べる状況ではない。

「NPB(日本野球機構)の斉藤惇コミッショナーは日本シリーズでの観客上限緩和に慎重な姿勢を示している。とくにセではCS(クライマックスシリーズ)も行なわれないため、これまでの優勝時のような集客は見込めないでしょう。その一方で、優勝した以上、功労者やタイトルホルダーには年俸アップで応えなければならない。その原資をどう捻出するか、フロントは頭を抱えているはずです」(スポーツ紙デスク)

内川の次はサファテ

 いち早く動きがあったのがソフトバンクだ。今季、一軍登録のなかったかつての4番・内川聖一(38)がシーズン中に退団を発表。今後は他球団での現役続行を目指すという。

「ファームで3割以上の成績を挙げていたのに、最後まで一軍に呼ばれることはなかった。早々に“来季構想外”となったのは、年齢による衰えもさることながら、2億4800万円(推定、以下同)という高額年俸が大きいでしょう。

 2019年から総額約20億円で3年契約していた“元守護神”のサファテ(39)も、2年間登板機会がなく、8月に自身のフェイスブックで“私にとって最後の試合はすでに終えた”と書いた。本人と球団は引退を否定し、契約も1年残っているが、現役続行の可能性は低い。これら大物選手の退団で浮くカネが、優勝に貢献した主力選手たちのアップ分に回されるのではないか」(ソフトバンク番記者)

 ソフトバンクは複数年契約の選手が多いことも台所事情を厳しくしている。柳田悠岐(32)は年俸5億7000万円の7年契約1年目。松田宣浩(37)は年俸4億5000万円の2年契約1年目、今宮健太(29)も年俸2億9000万円の4年契約2年目、バレンティンが年俸5億円の2年契約1年目だ。

「球界ナンバーワン打者の柳田、レギュラーとして活躍する松田はいいとして、故障が長引く今宮、打率1割台のバレンティンは全く年俸に見合う働きができていない。年俸高騰と他球団流出を回避したつもりが、今や“不良債権化”しているわけです。

 一方で、13試合連続盗塁の日本記録を作った周東佑京(24=年俸2000万円)エース格の東浜巨(30=同6700万円)、石川柊太(28=同4800万円)、甲斐拓也(28=同1億1000万円)、栗原陵矢(24=同1000万円)ら、活躍めざましい若手はいずれも単年契約です。コロナ禍による赤字と複数年契約選手の“囲い込み過ぎ”が、有望株の年俸据え置きにつながるのではないかと噂されている」(同前)

※週刊ポスト2020年11月20日号