鈴木杏樹と喜多村緑郎(C)共同通信社

写真拡大

 鈴木杏樹(50)の“4000円ラブホ不倫”の相手の新派俳優・喜多村緑郎(51)の恋の遍歴が芸能マスコミを賑わせている。

鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

 発端となった「週刊文春」発売前日の5日、新派の舞台稽古に現れた喜多村は「明日、私はある女優さんとの不倫関係を週刊誌に書かれてしまいます。ご迷惑をおかけします」と周囲にわびたが、報じられた相手が関係者が知る不倫相手でなく、鈴木だったために「そっちか!」と驚いたというほど“共演者キラー”で有名なのだというのだ。

 発売中の「女性セブン」によると喜多村は18年に歌舞伎役者の尾上松也(35)の妹で新派女優の春本由香(27)と不倫関係に。「離婚はできないけど、俺の子供を産んでくれ」と妊娠を迫り、春本の母が抗議の電話をすると「松也の母親だからってデカイ顔しやがって!」と逆ギレ。結婚前は複数のタカラジェンヌとも浮名を流していたそうで、妻で元宝塚トップスターの貴城けい(45)は今回のショックで憔悴し、入院中というから気の毒だ。

■「今後も反省しないタイプ」

 家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。

「典型的なモラハラ夫。楽屋で奥さんに高圧的な様子も報じられていますし、女性に運転させるのもよくある行動。このタイプは自尊心が非常に高く、ドライブ中に彼女の運転を監督し、文句を言う。杏樹さんの謝罪文も“オレが考えてやった”と言っているように、本人は“世間知らずな女性にオレが教えてやってる”という常に上から目線。口がうまく、言い訳上手で人を言いくるめる話術に長けているのも特徴です。本人的には自分が一番なので、普通は臆して遠慮する名家、名門の高根の花でも平気で口説き、貴城さんや杏樹さんには新鮮で頼りがいのある男性に映ってしまいます。その半面、松也さんのお母さんに激高したり、貴城さんに謝罪がないのも“自分が正しい”という気持ちの表れ。不倫でも『オレが不倫するのは家庭が面白くないからだ』という論理ですから、今後も反省しないタイプです」

 鈴木と喜多村が出会った舞台「道頓堀ものがたり」の座長、藤山直美(61)は「週刊文春」の直撃に「楽屋で恋愛はやめてください」とピシャリ。芸能リポーターの川内天子氏は「今回の不倫で他の芸能事務所から共演はお断りされて、お仕事は難しくなるでしょう」という。

“文春砲”後、アメブロでは喜多村本人ではなく、妻の貴城けいが「急上昇ランキング」入りするほど、知名度はイマイチだった喜多村。悪名は無名に勝るというが、不倫騒動をどう乗り越えるのか。