阪神タイガースの守屋功輝投手(26)の妻A子さん(26)が、「週刊文春」の取材に応じ、守屋投手から「DV」や「モラハラ」を受けていたことを明かした。

【写真】守屋選手に殴られ頭を打った際の診断書と腕のアザ

 守屋投手は倉敷工を卒業後、Honda鈴鹿を経て、2015年にドラフト4位で阪神に入団。昨季は中継ぎの主軸として57試合に登板した。


契約更改では1600万円増に笑顔 ©共同通信社

 2013年に倉敷工の同級生で野球部のマネージャーをしていたA子さんと結婚。結婚当初からDVを受けてきたが、中でも激しい暴力を受けたのが2018年4月26日だったという。

「家の中で後ろからグーで殴られたはずみで、倒れて床にゴンッて頭を打ちつけてしまったんです。脳震盪の症状が出て、一時的に記憶も飛んでしまい、病院から帰宅後に嘔吐もしました」(A子さん)

 医師による診断書を確認すると、「頭部打撲」「殴られ受傷」と記されている。

 A子さんは兵庫県警西宮警察署に被害届を提出。その背景には、昨年11月の守屋投手の浮気と家出があったという。

「最初は浮気を認め、謝っていたのですが、その後、弁護士を介して『離婚したい』と告げられたのです。うちには4歳の女の子と0歳の男の子がいますが、主人は昨年11月20日から家に帰らず、生活費や養育費も支払ってくれないのです。今、私と子どもたちは、私の親にお金を借りて生活しる状態です」(同前)

 1月18日、地元の倉敷で自主トレをしている守屋投手を直撃した。

――夫人から警察に被害届が出されていますが。

「全部否認して終わりました」

――暴行は事実ではない?

「はい」

――奥様と別居中とのことですが?

「ちょっと時間ないんですけど」

 そう言うと車に乗って去って行った。

 阪神の広報部に事実確認を求めると「守屋選手からの暴力行為や浮気行為は一切ないと聞いております」と回答があった。

 だが、A子さんはこう明かす。

「西宮警察署の刑事課の方に、1月20日付で主人を傷害容疑で書類送検したと伝えられました」

 1月23日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんが涙ながらに告白した、守屋投手のたび重なる浮気や家出、結婚前からあったというDVやモラハラの内容を詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年1月30日号)