沢尻エリカが麻薬取締法違反容疑で逮捕されてからというもの、過去に彼女が出演した作品がにわかに注目されている。なかでも2005年公開の映画『パッチギ!』は、ネットで話題になっているようだ。

【写真】沢尻エリカ、塩谷瞬、高岡蒼佑……『パッチギ!』卒業生の写真を見る(全6枚)

 1968年の京都を舞台としたこの作品で、沢尻(公開当時18歳)は朝鮮高校に通う在日コリアンの少女を演じた。劇中では、朝鮮高校と府立高校の生徒が激しい喧嘩を繰り広げるなか、塩谷瞬(同22歳)演じる府立高校の男子生徒が彼女に一目惚れする。物語はこの2人と高岡蒼佑(同22歳)演じる彼女の兄(朝鮮高校の番長)を中心に、民族差別などの問題を織り込みながら、悲喜こもごもの青春群像劇として展開された 。

『パッチギ!』の出演陣にはこのほか、真木よう子、尾上寛之、波岡一喜、桐谷健太など現在も活躍する当時の若手俳優が名前を連ねた。作品は『キネマ旬報』の年間ベストテンの1位に輝いたほか、沢尻と塩谷の演技も高く評価され、日本アカデミー賞の新人俳優賞にも選ばれている。


2006年3月の日本アカデミー賞授賞式。『パッチギ!』監督の井筒和幸と新人俳優賞を受賞した塩谷瞬(左)、沢尻エリカ(右)

沢尻、高岡、塩谷、小出……相次ぐスキャンダル

 ただ、後年、出演者があいついでスキャンダルに見舞われた。沢尻は2007年、出演映画の初日舞台挨拶で、質問に対し不機嫌そうに「別に」と繰り返し、後日謝罪する。さらに2012年には所属事務所から契約解除を通告された。『週刊文春』では、違法薬物使用がその理由ではないかと、このときすでに取り沙汰されていた。他方、高岡は2011年、ツイッターで日韓における問題点について意見を述べたところ、激しい批判を受け、直後には事務所より契約を解消された。また、2016年には傷害容疑で逮捕されたが、被害者との示談が成立し不起訴処分となった。塩谷も2012年に複数の既婚女性との交際が報じられ、激しくバッシングされた。『パッチギ!』の出演者ではまた、塩谷の同級生役で出演した小出恵介も、2017年、深夜に10代の少女をバーなどに連れ回したとして、大阪府青少年育成条例違反の容疑で書類送検され(のち不起訴処分)、現在にいたるまで芸能活動を停止している。

『パッチギ!』の監督の井筒和幸は“卒業生”たちの騒動があいついだ2012年、同作制作時の沢尻・塩谷・高岡について『週刊文春』で語っていた(※1)。それによれば、井筒の映画のオーディションでは《生い立ちや人生のエピソード、あるいは、物事に対する考え方なんかを聞く》が、《「パッチギ!」の時は、特に「何に耐えて生きてきたか」を重点的に見》たという。また、沢尻と高岡は当時の所属事務所から頼まれて「オーディション」したとも明かした。井筒はまず、初対面時の高岡の印象をこう語る。

《高岡は、素性はあまり聞かなかったけど、千葉、東京のなんかヤサグレな世界に揉まれて、十代を過ごしてきたような、苦痛や不幸を背負い込んでる顔もしてたわ。不幸と言うとアレやけど、まあ、幸の薄い顔やったね。何か風当たりが強いところで揉まれてきたような感じがあったんよ》(※1)

「最近の日本映画はつまらないものばかりで……」

 これに対し、沢尻は「事務所から言われて来た」みたいな平然とした顔をしていたという。そこで、プロデューサーが「最近どんな映画を見た?」と訊くと、《う〜ん。最近の日本映画はつまらないものばかりで……》と返して驚かせる。井筒いわく《この子、生意気なこと平気で言うなあって。それで気に入ったってわけ》、《「つまらないのばっか」って言われた方が、そりゃあ、役者としてモノを見る目がしっかりしてるな、と思いますよ。それに、それほど自分の意見を率直に言えるヤツなら、素直でやりやすいんじゃないかとも思ったしね》(※1)。

 沢尻はさらに、最後に「最近、ショックやったことは?」と訊かれ、《兄がバイク事故で死んだことです。まだ引きずってはいますけど、今はようやく吹っ切れかけてます》と打ち明けた。「日本映画はつまらない」と言ったあとに、そんな話もすぐにできる彼女に、井筒はグッときたという。

塩谷瞬の壮絶な生い立ち

 撮影に入ると、沢尻は一度テストして、監督が気づいたことを指摘すれば、ほとんどNGなしで的確に演技をしてみせたという。これとは反対に、撮影でスタッフ陣から怒られ通しだったのが塩谷だ。しかし、それも彼はどれだけ責めても耐えられると、オーディションの段階でわかっていたからこそ、スタッフたちも叱っていたのだと、井筒は話す(※1)。

 そんな塩谷の壮絶な生い立ちを井筒が知ったのは、撮影も終わりがけだった。中学の頃にはすでに家に両親はおらず、近所の人や地元の先輩に面倒を見てもらいながら、16歳のときには飲み屋を任されていたという。それを知っているだけに、井筒は彼に女性スキャンダルが持ち上がったときも、《そんな人間の素性も知らずに、やれ二股や四股やって、ガタガタ言う筋合いは誰にもないよ。だって、普通の家族がいる生活をまったく知らない人間の思いって想像つかないでしょ? 俺もつかないよ》と報道に批判的だった(※1)。

 井筒は、沢尻や高岡についても、《俺は、卒業生たちがその後、何してるか詳しくは知らないけど、やっぱり、その子それぞれの理由があるんやろと思うよ。エリカだって、なまじ、演技のセンスがありありなもんやから、色んな作品に引っ張りだこになって、いいかげんウザくなったから「別に」って言ったんじゃない?(笑)》、《高岡だって、ツイッターみたいなオモチャで何つぶやいたか知らんけど(中略)、そんな井戸端の寝言か、つぶやきごっこでしか、暇つぶしができない現代こそ問題ありだと思うよ》と弁護してみせた(※1)。

再び才覚を発揮し始めた高岡と塩谷

 3人は騒ぎを経て、再びそれぞれの才覚を発揮し、活躍してきた。高岡蒼佑はツイッターでの騒動と前後して宮本亜門演出の『金閣寺』(三島由紀夫原作)でニューヨークのリンカーンセンターの舞台にも立ったほか、映画『ROUTE42』(瀬木直貴監督)では主演を務めた。また、2012年に事故で急死した若松孝二監督の遺作『千年の愉楽』(中上健次原作)では、不吉な血を受け継ぐ男たちのひとりを好演している。田口三好というその役をオファーされたとき、高岡はそれまで所属した事務所を離れ、ちょっと仕事を休んで旅でもしようかと思っていたころだった。そのため当初はこの依頼も断るつもりだったが、台本を読んで考えが変わる。本人によれば《台本を読んだときに、滅多にないことなんですけど、その台詞で自然と感情がこみ上げてきて泣いてしまった。この役を他の人にやらせたくないと思ったんです》(※2)。

 役に共感して引き受けたというだけに、スクリーン上で高岡は、さまざまな悪事に手を染める一方で、子供のような無邪気さを持った三好を見事に演じきっていた。それまで報道で伝えられるイメージから彼にいい印象のなかった筆者も、これを観てすっかり魅了されてしまった。なお、この作品で若松監督の薫陶を受けた高岡は、往年の若松プロダクションを描いた昨年公開の映画『止められるか、俺たちを』(白石和彌監督)にも、映画監督の大島渚の役で出演している。私生活では、2011年に離婚した女優の宮粼あおいが2017年に再婚すると、宛て名こそないもののインスタグラムに祝福のメッセージを投稿した。昨年末には、自身もすでに再婚して2児がいることを明かしている。現在は再婚した夫人の支えもあり、メンズ向けファッションのブランドの制作にも本腰を入れているという(※3)。

 塩谷瞬は、30歳を節目として、約200ヵ国を目標に世界を旅するプロジェクトを開始するとともに、さまざまなボランティアや支援活動にも尽力している。俳優としては、2017年に映画『母 小林多喜二の母の物語』(山田火砂子監督)でプロレタリア作家・小林多喜二を演じた。同年にはまた、親善大使を務めるネパールでドラマと映画をつくる企画が進んでいると、週刊誌への寄稿で記していた(※4)。ただ、昨年、違法ファンド会社に投資被害にあったと報じられたのが、気がかりではある(※5)。

小栗旬は沢尻に警鐘を鳴らしていた?

 沢尻の近年の活躍はいまさらここで書くまでもないだろう。昨年、主演映画『猫は抱くもの』(犬童一心監督)の公開時の記事では、どんな作品でも自分がなくなるまで役に染まってしまうため、《役を引きずることなく、コントロールできるようになるのが課題》と語っていた(※6)。

 今年9月には出演映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』が公開されたばかりだった。このとき沢尻はテレビ番組で、監督の蜷川実花と共演相手の小栗旬と鼎談している。沢尻が逮捕されたあと、この番組での小栗の発言が、まるで彼女に警鐘を鳴らしていたかのようだと、SNSでちょっとした話題になった。引用するなら、このとき小栗は「俳優は別人格を演じることに命を懸けているから、気がつくと何かに頼ってしまう瞬間がある」と、実際にそのために薬物の過剰摂取などで死んでしまった名優たちの名をあげたうえで、《でも一番重要なことは(中略)、僕らは人を殺したことはないけれども、人を殺す役をやらなければいけないというのが、一番究極で悩まなければいけない部分だと思うんだよね。となると、ほかのそういうことだって、「じゃあドラッグの役だからドラッグやります」とか、そういうことじゃないよねと。(中略)「いろんな想像力で補いましょう」っていうのが一番重要なところになっていくよね》と語っていた(※7)。

「別人格を演じることに命を懸けているからこそ、気がつくと何かに頼ってしまう」――沢尻が薬物に手を染めてしまったのも、そこに原因があったのではないか。しかしそれはもちろん違法行為であり、何より自分の身体を蝕むことでもある。前出の井筒和幸は、今回の彼女の逮捕を受けて、《オリの中で自分を見つめなおす時です。自分をしかって猛省してほしい。罪を反省して、また日が昇る時が来る。そうなったら激励、叱咤(しった)して、映画の役があればオファーしたい。卒業生ですから、いの一番に助けてあげたいと思ってる》とコメントした(※8)。ファンならずとも、沢尻エリカが唯一無二の俳優と認める人はきっとたくさんいるだろう。いまはただ、法の裁きを受けつつも、適切な治療を受けて、いつかまた俳優として復帰する日が来るのを願うばかりである。

※1 『週刊文春』2012年6月14日号
※2 『ピクトアップ』2013年4月号
※3 『スポーツ報知』2018年11月17日配信
※4 『週刊現代』2017年2月11日号
※5 『週刊新潮』2018年10月25日号
※6 『AERA』2018年7月2日号
※7 『ボクらの時代』2019年9月22日放送分(フジテレビ系)
※8 『日刊スポーツ』2019年11月18日配信

(近藤 正高)