田口光久氏

写真拡大

 サッカー元日本代表GKで、日本テレビ「とんねるずの生でダラダラいかせて」のPK対決コーナーでお茶の間の人気も博した田口光久(たぐち・みつひさ)さんが12日午前3時2分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。64歳。秋田市出身。葬儀・告別式は18日午後1時から東京都新宿区上落合3の4の12、最勝寺会館で。喪主は長男直樹(なおき)氏。

 秋田商高から1973年、三菱重工(現J1浦和)入り。76年に日本代表入りし、国際Aマッチ59試合に出場。82〜84年に日本代表主将も務め、日本サッカーの低迷期を支えた。

 引退後は青森山田高のサッカー部監督や国際学院高のサッカー部総監督。バラエティー番組にも出演し、91〜93年頃の「生ダラ」のPK対決では、とんねるず・木梨憲武(57)のパートナー。ラーメンが好物で「メーランおやじ」の愛称で親しまれた。