日本代表MF久保建英【写真:Football ZONE web】

写真拡大

ウルグアイ戦で「先に点を取るのが重要」 相手の感情を揺さぶれるか

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)。

 前日練習を終えたMF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)は、強敵ウルグアイの攻略について感情面を指摘し、「そこのマイナス部分を突ければいい」と語っている。

 17日のチリ戦(0-4)で日本は4-2-3-1システムを採用。6人がスタメンでA代表デビューを飾ったなかで、久保はトップ下に入り、代表初の先発フル出場を果たした。華麗な股抜きをはじめ、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)らを翻弄する華麗な2人抜きドリブルから強烈なシュートをお見舞い。ゴールは生まれなかったが、代表2戦目とは思えない堂々たるプレーで脅威を与えた。

 ウルグアイはFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やFWルイス・スアレス(バルセロナ)をはじめ、DFホセ・マリア・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)、DFディエゴ・ゴディン(アトレチコ)ら主力の起用が予想されている。

「名前でサッカーをするわけじゃない」と言い放った久保は、「11対11の戦いだと思っている。そこでチームとして上回っていければいい」とビッグネームにも物おじせずに立ち向かう心構えを強調した。

 さらに「先に点を取るのが重要になる」と指摘。日本リードの状況を生み出し、相手の感情をいかに揺さぶるかがポイントと語る。「南米のチームなんかは、自分たちの感情が豊かだと思うので、そこ(感情)のマイナスの部分を突ければいい」と続けた。

 “メンタルの攻防”で日本が主導権を握れば――。久保はそこに勝機を見出していた。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)