Appleがサブスクリプション型のゲームサービス「Apple Arcade」を発表しました。サービスは有料ですが、使用料を支払えば100種類以上の高品質なゲームをプレイし放題となるそうです。

Apple Events - Livestream - Apple

https://www.apple.com/apple-events/livestream/

続いては「App Store」について。

App Store上では多数のアプリケーションが配信されており、多くの優れたゲームも存在します。

しかし、優れたゲームの多くは有料だったり無料でインストールできてもゲーム内課金の必要があったりします。

iOS上でゲームをプレイする人の数は10億人

App Store上で配信されているゲームアプリの数は30万本

無料のゲームアプリはゲーム内に広告が配置されていたり、ゲーム内課金の必要があったりと何かと煩わしいもの。

そこで、Appleが世界中のゲームデベロッパーやパブリッシャーと協力して、サブスクリプション型ゲームサービス「Apple Arcade」をスタートします。このスライドの中には日本のセガやコナミといったゲーム企業の名前も並んでいました。

ここでムービーがスタート。Apple Arcade向けに開発中のゲームの一端が垣間見えます。

ムービーの中ではファイナルファンタジーシリーズの生みの親である坂口博信さんも登場。

Apple Arcade向けに開発中の「Fantasian(ファンタジアン)」について語っています。

ゲームの舞台は3DCGで作成したのではなく、物理的にジオラマを作成してそれを写真で撮影し……

その中にゲームのキャラクターを配置するという手法をとっているそうです。

「Apple Arcade」

イベントで流れたムービーは以下からチェックできます。

Apple Arcadeを紹介します - 2019年秋、登場 - YouTube

Apple Arcadeでは新しい独占配信のゲームアプリが100種類以上用意されます。

App Storeアプリ内に専用のページが用意される模様。

Apple Arcadeで独占配信されるゲームのプレイ画面

100種類以上の新しい独占ゲームが登場予定で、広告もしくは追加のゲーム内課金もなし、自分のApple端末ならば横断的にプレイ可能で、オフラインでもプレイできます。

最後に再びゲームのプレイムービーが流れました。

ムービーは以下から見ることができます。

Apple Arcade - 2019年秋、登場 - プレビュー - YouTube

サービス開始時期は2019年秋頃を予定しており、150以上の国と地域で利用可能となる模様。

・つづき

Apple TVが進化、オリジナルコンテンツ配信の「Apple TV+」と有料チャンネルを購読できる「Apple TV channels」が登場 - GIGAZINE