ドローン内蔵のスマホケース!? ドローンカメラ「Selfly Camera」が日本上陸へ

写真拡大 (全3枚)

Glotureは、SELFLY camera, LLC(アメリカ・ボストン) のスマホケース型ドローンカメラ「Selfly Camera」を、2018年12月頃に発売すると発表した。

現在カメラを搭載したドローンは、様々なモデルが販売されている、
本格的な空撮が可能なモデルから小型モデル、子ども向けToyに至るまで、高性能化したドローンが登場している。

今回、Glotureが発表したドローンは、なんとスマートフォン(スマホ)のケースにすっぽりと収まるドローンだ。

スマホケースに収まってしまうため、スマホと一緒に持ち運びができる。
つまり、いつでもどこでも取り出してドローンによる自撮りや空撮ができるのだ。

「Selfly Camera」はスマホからの制御も可能で、自律的なホバリングが特徴だ。


仕組み



製品仕様


制御アプリは、iOSとAndroid版が用意されている。
Wi-Fiに対応し、カメラの画素数は12MP。
ドローン部とバッテリーをあわせた重さは約70gと軽量だ。
バッテリーは500mAhが2個付属し、バッテリーの交換もできるという。
主な機能と特徴
・ライブストリーム
・自動操縦での安定機能を搭載
・カメラ映像を見ながら操縦も可能
・角度調整が可能なレンズを搭載


SELFLY CAMERA |スマホケースから自撮りドローンに変形するカメラ


YouTubeに公開されている動画では、
・スマホケースからドローンを外す
・サッと空にかざすだけでドローンが飛び始める
インパクトの高い、使い勝手の良さをアピールする映像が収められている。
価格は1万8,000円程度

Glotureでは、日本での販売にあたって販売代理店を募集しているとのこと。

Gloture


執筆:2106bpm