朝日新聞(6/27)1面より

写真拡大

6月24日、福岡市で無職の男(42)が男性会社員を刺殺した。その2日後、富山県の元自衛官(21)が警察官を刺殺し、警備員を射殺した。精神科医の片田珠美氏は「どちらの事件も犯行の動機は、“今に見ていろ、俺だって”という世間に対する復讐願望であり、そうした気持ちを抱く人は多い」という。同じような事件を防ぐには、どうすればいいのか――。

■6月下旬に起きた殺人事件の容疑者の恐るべき「共通点」

6月26日、富山市の交番で警察官が刺殺されて拳銃を奪われ、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡する事件が発生し、元自衛官でアルバイト店員の島津慧大容疑者(21歳)が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。

島津容疑者は、両親と折り合いが悪く、中学頃から家庭内暴力が頻繁にあって、自宅に何度もパトカーが駆けつけ、大騒動になっていたという。また、学校でも、軽く冗談を言われただけで急にブチ切れて同級生に殴りかかるようなことがあったらしい。そのせいか、クラスで孤立し、中学2年くらいから不登校になり、高校には進学しなかった。

その後、18歳で自衛隊に入ったが、自衛隊に同期入隊し、金沢駐屯地でも一緒に勤務した男性は島津容疑者の性格について「ちょっと注意されたことに、すぐカッとなる面があった」と朝日新聞に証言している。実際、自衛隊でも気に入らないことがあったという理由で人を殴り、辞めざるを得なくなったようだ。

▼容疑者は怒りや攻撃衝動を制御できない「間欠爆発症」

こうした経緯を振り返ると、この連載で4月に取り上げた、滋賀県彦根市の交番で同僚の巡査部長を拳銃で撃って殺害した19歳の男性巡査と同様に、島津容疑者は「間欠爆発症」である可能性が高い。(「“叱られたことのない人”を叱ると殺される」)

「間欠爆発症」は、怒りや攻撃衝動を制御できない衝動制御障害の一種であり、かんしゃく発作、激しい口論やけんか、他人への暴力などを繰り返す。しかも、このような爆発は、きっかけとなるストレスや心理社会的誘因と釣り合わないほど激しい。軽口や冗談などの悪意のない言葉でも、爆発の引き金になりかねないので、しばしば「かんしゃく持ち」「すぐキレる」などと陰口を叩かれる。

「間欠爆発症」の診断基準を満たす人は、どこにでもいるが、本人に自覚がない場合が多い。ほとんどの場合、傷害や器物損壊などの事件を起こして警察沙汰になり、精神鑑定を受けてはじめて「間欠爆発症」と診断される。だから、精神科医としての長年の臨床経験から、島津容疑者もその1人ではないかと推測するわけである。

■「今に見ていろ、俺だって」と社会に仕返しする

もっとも、今回の事件は、「間欠爆発症」のせいで怒りを制御できず、衝動的に爆発したというだけでは説明できないように思われる。というのも、島津容疑者の自宅の家宅捜索で、モデルガン十数点とナイフ数点、さらに軍事用のベスト、救急セット、銃やナイフの扱い方や殺害の仕方を指南する書籍などが押収されているからだ。

こういうミリタリーグッズを収集していたのは、以前から欲求不満と鬱憤が溜まっていて、それを晴らすには社会や世間に仕返しするしかないと思い、「今に見ていろ、俺だって」と見返したいという願望を募らせていたためではないか。つまり、復讐願望を実現するためにミリタリーグッズを収集していたわけである。

それでは、計画性がどこまであったのかという話になるが、事件直前にアルバイト先のファストフード店で店長の注意に激高して店長を複数回殴打し、アルバイトを辞める意向を示して店を飛び出したことが計画的だったとは、私は思わない。むしろ、「間欠爆発症」特有の衝動的な爆発を起こしただけのように見える。

ただ、この爆発による失職によって、「自分はもうダメだ」と思ったことが、以前から心の中で密かに練っていた社会や世間を見返すための計画の実行を後押しした可能性が高い。店を飛び出してから、拳銃強奪の現場となった交番に向かう途中、島津容疑者はLINEで家族に「自分の所持品はすべて捨ててほしい」と伝えているが、このメッセージは、「今に見ていろ、俺だって」と歯ぎしりしながら募らせていた復讐願望を実行に移す覚悟を物語るものだろう。

▼「低脳先生」も「今に見ていろ、俺だって」

この事件の2日前の6月24日、福岡市でIT関連セミナーの講師を務めていた会社員の岡本顕一郎さんを刺殺したとして無職の松本英光容疑者(42歳)が殺人容疑などで逮捕された。松本容疑者も、「インターネット上のやり取りで恨んでいた人物を死なせてやろうと、首や胸を刺した」と供述しているところを見ると、「今に見ていろ、俺だって」と復讐願望を募らせていた可能性が高い。

松本容疑者が面識のない岡本さんを一方的に恨んでいたのには理由がある。ネット上の掲示板で松本容疑者は、他の利用者を「低脳」などと頻繁に中傷していた。その際、岡本さんが掲示板の運営会社に通報し、アカウントを凍結させたことが、犯行の動機らしい。それだけ、松本容疑者はネット上で他人を中傷する「荒らし行為」を繰り返していたわけで、他の利用者たちから「低脳先生」と呼ばれていた。

■なぜネットで人を「低脳」と中傷し続けたのか?

松本容疑者がしばしば他人を「低脳」と中傷したのは、過去の栄光によるのかもしれない。

というのも、真面目で読書好きで、成績が良かった彼は九州大学文学部に進学しているからだ。もっとも、きちんと卒業できたわけではなく、留年を繰り返して8年間在籍した末に中退。在学中の2000年から福岡県内のラーメンの製麺工場でアルバイトを続け、2008年には正社員になっている。しかし、その工場も、2012年に突然一身上の都合を理由に退職。その後は無職で、実家からの仕送りなどで生活していたようだ。

こうした経緯を振り返ると、松本容疑者は、難関の九州大学に合格を果たしたことを、自分自身のプライドのよりどころにしていた可能性が高い。同時に、留年を繰り返して中退したうえ、優秀なはずの自分にふさわしい職に就けず、揚げ句の果てに無職で「ほぼ引きこもり」になってしまったことに不満と恨みを募らせていたのではないか。

何よりも彼が恐れたのは、大学を卒業できず、その後不本意な人生を送らざるを得なかった自分が、他人から「低脳」と中傷されることだったはずだ。自分自身が「低脳」と中傷される不安と恐怖を払拭するためにこそ、他人を「低脳」と罵倒せずにはいられなかったのだろう。他人を激しく攻撃することによって、「低脳」という“内なる悪”が自分自身にはないかのように装えるからである。

▼嘘つきほど、誰かが少しでも嘘をつくと徹底的に責める

このように、“内なる悪”を否認するために、同じ“悪”を他人に見出すたびに激しく攻撃する防衛メカニズムは、しばしば無意識のうちに用いられる。たとえば、嘘つきほど、他人の嘘に敏感で、誰かが少しでも嘘をつくと、徹底的に責める。あるいは、実際に不倫していたり、不倫願望を胸中に秘めていたりする人ほど、他人の不倫を激しく非難し、そんなやましい欲望など自分にはないかのようにふるまおうとする。

この防衛メカニズムが無意識のうちに働いたからこそ、松本容疑者も他人を「低脳」と中傷したにすぎない。だが、それによって、彼はネット上の掲示板という唯一の居場所を失いかねない危機に瀕した。だからこそ、「ネット上で自分を批判している人物の代表」とみなした岡本さんに対して復讐願望を募らせ、犯行に及んだのだろう。

■「今に見ていろ、俺だって」と人を殺す潜在予備軍

この復讐願望に拍車をかけたと考えられるのが、6月9日に新横浜―小田原間を走行中の東海道新幹線の車内で、乗客が刃物で襲われた殺傷事件だ。男性1人が死亡、女性2人が重症を負い、殺人未遂容疑で無職の小島一朗容疑者(22)が逮捕された。そして、事件の翌日、「低能先生はネット弁慶の象徴」「(低能先生が)人を殺せるはずがない」などと揶揄する複数の書き込みがあった。

こうした書き込みを見て、松本容疑者は「今に見ていろ、俺だって」と考えた可能性が高い。だからこそ、犯行直後、同じ掲示板に「ネット弁慶卒業してきたぞ」「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ」と書き込んだのではないか。

もちろん、揶揄されたからといって、「俺だって人を殺せる」と凶行に走るのは、短絡的な反応だ。元自衛官の島津容疑者のように「間欠爆発症」の診断基準に該当するわけではないのに、このような反応をしたのは、それだけ松本容疑者が追い詰められていたからだと私は考える。

この2人の容疑者に限らず自分自身の挫折や失敗を受け入れられず、不本意な人生にもんもんとしながら、「今に見ていろ、俺だって」と復讐願望を募らせている人はどこにでもいる。こういう人を追い詰めないようにするにはどうすればいいのか、何が歯止めになりうるのかを真剣に考えないと、同様の事件がまた起こるのではないかと危惧する次第である。

(精神科医 片田 珠美 写真=iStock.com)