高須克弥氏

写真拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が18日、ツイッターに新規投稿。自身も新型コロナウイルスワクチン接種のために「来週から働く」とし、余った場合は「自分に射ちます」とツイートした。

 高須院長は「僕はワクチン接種の現場で来週から働きます。1つも無駄にならないよう大切に扱います。余ったワクチンはまず自分で自分に射ちます」と投稿した。

 高須院長は、ワクチン接種予約者がキャンセルするなどして余った分が廃棄されているとの報道を引用した。