アップル 資料写真(写真:AP/アフロ)


 英フィナンシャル・タイムズや米CNBCなどの報道によると、米アップルはスマートフォン「iPhone」など向けのモバイルアプリ配信サービス「Apple Store」の中国版で、同国当局の認可を得ていないゲームの配信を取りやめるようだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

政府未認可アプリを禁止

 アップルは7月1日付で、未認可ゲームのApple Storeへのアップロードを禁止したという。

 中国では、2016年に有料モバイルゲームアプリに認可制を導入した。これはアプリそのものを有料にしているもののほか、アプリ内課金を導入しているものも含まれる。この新規制に従い、華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)といった中国のスマートフォンメーカーは自社サービス内で未認可のゲームを削除した。

 ところが、どうわけか当局はアップルに寛大で、同社サービスで配信される有料ゲームには目をつぶってきたという。

 そうした中、アップルは今年2月、6月末までにライセンスが必須になると開発者に注意喚起した。そして、その期限が過ぎた今、未認可の有料ゲームは新規や更新のアップロードができなくなった。Apple Storeに登録済みの未認可ゲームは今後、削除されるものとみられている。

中国、アップルへの規制を強化

 アップルがなぜ、2016年から長きにわたり中国の規則を免れることができたのかは誰も分からないと、フィナンシャル・タイムズは伝えている。そして、当局がなぜ、このタイミングでアップルに対する規制を強化したのかも定かではないという。ただ、米中貿易摩擦が激しさを増していることがその背景にあるのではないかと、専門家はみている。

 中国向けのApple Storeには現在、約6万本の有料ゲームがある。このうち、当局から認可を得たものは約4万3000本にとどまる。また、中国当局の審査は厳しくなっており、昨年はわずか1570本しか認可されなかったという。つまり、今回の措置で多くのゲームがApple Storeから削除されることになりそうだ。

中国は巨大なモバイルゲーム市場

 アップルにとって中国のアプリ市場は重要だ。フィナンシャル・タイムズはモバイルアプリのマーケティング会社、米センサー・タワーのレポートを引用している。それによると、中国におけるApple Storeの年間売上高は164億ドル(約1兆7630億円)で、世界のどの国よりも多い。これに対し、米国Apple Storeの年間売上高は154億ドル(約1兆6560億円)。いずれの市場も多くをゲームが占めているという。

 また、ゲーム市場の調査会社であるオランダのニューズーは、中国における今年のモバイルゲーム売上高が約130億ドル(約1兆3980億円)になると推計。このうちiPhone向けゲームが53%を占めると予測している。

 アップルは先ごろ、App Storeを通じて昨年1年間(2019年)に生み出された世界の売上高合計が5190億ドル(約55兆8030億円)に上ったとする調査結果を公表した。

 この中で最も多くの金額を占めたのは、小売りや旅行、配車、料理宅配などの「商品・サービス」。そして、2番目に金額が大きかったのはゲームや音楽・動画配信、電子書籍などのカテゴリー。この「デジタルグッズ・サービス」カテゴリーで金額、ダウンロード件数ともに最も多いのがゲームだという。

 (参考・関連記事)「アップル、「App Store経済圏」実態示すデータ公表」

筆者:小久保 重信