憧れの富士山 隔離中のダイヤモンド・プリンセス号デッキからの眺め (撮影:セルゲイ・ポポフ氏、以下同じ)


(ビクトリア・シパコフスカヤ:在モスクワ ビジネス・コンサルタント)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。急速な拡大が続いているイタリアやスペインなどの欧州だけでなく米国でも感染者数がうなぎ登りだ。

 どうすれば感染拡大を防げるのか。世界各国は頭を悩ませている。

 そうしたなか注目されているのが、2月4日に横浜に寄港した大型クルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号の2週間にわたる隔離措置だ。

 大型クルーズ船という特殊な環境、乗船客・乗員が多国籍にわたったことが注目を集めたが、それ以上に、感染がどのように広がって行ったのか、隔離措置は適切だったのか、検査体制は・・・など、自国の対策に参考にしようと注目されている。

 筆者はこのダイヤモンド・プリンセス号に一人のロシア人医師、セルゲイ・ポポフ氏が乗客として乗り合わせていたことを知った。

 ポポフ氏が2月5日から19日までの間、ダイヤモンド・プリンセス号内部での生活の様子をロシア国内の医師向けポータルサイト、ミールブラチャー(www.mirvracha.ru)に日々詳細にリポートしているのをたまたま見つけたのだ。

 ミールブラチャーは、日本人起業家 山本昭太郎氏が2012年にモスクワで立ち上げたベンチャー企業である。日本の上場企業エムスリーや日本のベンチャーファンドが出資している。

 同サイトはロシア国内の医師約37万人が会員登録しており、医師向けの医薬専門情報のほか、医師同士のフォーラムも設けられている。ポポフ氏はこのサイトへの常連投稿者であった。

 ポポフ氏はロシアのシベリア地方の主要都市、オムスク市で歯科医師として活動している。1952年生まれ(68歳)、46年間の歯科医師のキャリアに加え、オムスク国立医学アカデミーで20年以上教育にも携わった。

 そのほかにもポポフ医師は医学の世界に大きく貢献した医師に関する研究を行い、著作としてまとめたり、ネット上のブログで紹介したりしている。

 ポポフ氏はカムチャッカで生まれた。彼は子供の頃、カムチャッカから船に乗ってウラジオストクに何度も航海した。

 彼が覚えているのは大荒れのベーリング海、オホーツク海を過ぎて穏やかな日本海に入ると、遠くに見えた北海道の姿である。

 当時はまだソ連の時代である。 彼にとって、いつかこの近くて遠い国に行くことが夢であった。そして今年1月にその夢が遂に実現したのである。

 ポポフ氏は1月19日にオムスクからシベリア鉄道でノボシビリスクへ、ノボシビルスクからウラジオストク経由で翌20日に成田空港に着陸した。

 個人旅行だったので成田空港から電車を乗り継ぎ、降車駅を間違えながらも親切な日本人に助けられ、何とか横浜港まで辿り着き、無事ダイヤモンド・プリンセス号への乗船を果たしたのであった。

 彼のクルーズ旅がいかに素晴らしいものであったかということは、彼が綴ったブログの前半部分を見れば明らかである。横浜を出て鹿児島、香港、ベトナム、台湾、沖縄を経由して横浜に戻るクルーズに彼は大満足であった。

 しかし、横浜入港目前の2月2日に香港で下船した乗客が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかとなった。

 ここからポポフ氏のダイヤモンド・プリンセス号内、それに続くウラジオストク伝染病病棟での30日間の最悪の冒険、すなわち隔離生活が始まる。

 彼はロシアで初めて隔離現場で起きている事実を詳細に語る注目人物となった。

 また、パンデミックの中心から医師として積極的な立場で情報を提供したことに対して、新型コロナウイルスに関する情報不足で不安を感じているロシア人から高い評価が与えられている。

 ポポフ氏は3月6日にウラジオストクの病院から解放された。その時すでにロシアの国営テレビチャンネルからトークショーへの出演依頼が舞い込んでいた。

 同チャンネルはポポフ氏のブログを基にしてダイヤモンド・プリンセス号の隔離について短編ドラマを制作、3月12日にオンエアーされた。

 ポポフ氏はその他のロシア国内テレビ局、日本を含む海外テレビ局からもインタビューを申し込まれているという。

 筆者はミールブラチャー社の協力を得て、3月12日にモスクワを訪問したポポフ氏にインタビューすることができた。

ビクトリア・シパコフスカヤ(以下VS) 先生のダイヤモンド・プリンセス号内での2週間にわたる隔離生活については、すでに多くの事実を先生のブログとテレビ報道で聞いていました。隔離時に一番ショッキング、恐怖を感じたことは何でしたか?

ポポフ 2月4日に横浜に入港してからの最初の2日間です。なぜなら自分の置かれた状況が全く理解できなかったからです。

 予定当日に下船できず、翌日の朝になっても船内の状況がよく分からなかった。客船のレストランでの朝食が禁じられ、自分の客室に留まるよう指示されました。

 その間、船内で化学防護服を着ている人たちの姿を見かけ、シートで覆われた人らしきものが船から運び出されているのを見かけ、正直に怖かったです。

 その時、我々のダイヤモンド・プリンセス号はとうとう「ウハンされた!」と思いました。

(VS注:「ウハンされた」というのはポポフ氏が作った造語、ロシア語でУханьдокалиУхайдокали(クスクスした)という言葉に「武漢市」、ロシア語の発音は「Ukhan」という言葉を加えたて言葉の遊びです。:「ウハンのウイルスでやられた」という意味になった)

 しかし、隔離が始まって数日すると、食事は毎食部屋に運ばれるし、外のデッキに順番に散歩に出ることができたので、少し落ち着きました。

 数日後、散歩の時にロシア人の乗客に会った際にアルコールを頼めることを教えてもらいました。それからはビールやコニャックなどを頼むようになり、生活がまた正常に近くなりました。

隔離12日目の光景


VS では逆にダイヤモンド・プリンセス号での隔離時に良い印象はありましたか?

ポポフ クルーズ旅行の代わりに船内隔離されたということで、実は日本人は我々にとても同情を示してくれました。それを強く感じました。

 非常にフレンドリーかつ礼儀正しい態度で、毎日何かのプレゼントを持ってきてくれました。時間つぶしのための「SUDOKU」とか、トランプとか、化粧品とか。

ポポフ よく分からなかったのは、なぜかトイレットペーパーを山ほどもらいました。毎日部屋に持ってきて、まだいっぱい残っているのに、もう要らないと言っても返せないんですね。

 感染の疑いがある人がそのトイレットペーパーを触った可能性があるので、回収して使うことができなかったわけです。それで下船する頃にはバスルームでトイレットペーパーが山積みになりました。

 また、スタッフの細かい気配りにも感心しました。

 例えばデッキを散歩するときにも同じフロアに宿泊していた人が他のフロアの人と混ざらないように散歩の時間をコントロールしていたことに感心しました。それは疫学的にも正しい対応だったと思う。

隔離5日目の朝食


 実は状況が落ち着いてくると、我々はダイヤモンド・プリンセス号から下船して帰国したいと思わなくなりました。

 なぜなら、ロシア政府によって退避させられたら、武漢からのロシア人帰国者のようにきっとどこかの伝染病院で隔離されると分かっていたからです。

 であれば、この快適な環境で隔離を受けるようにした方が良いと思いました。

(VS注 ポポフ氏はウラジオストク経由で帰国したが、ウラジオストクの空港に着陸直後に市内の第2伝染病院に隔離入院させられた。2週間続いたウラジオストクの隔離はダイヤモンド・プリンセス号とは様変わりであった。ポポフ氏は日本政府が実施したコロナウイルスのテスト結果が陰性であったにもかかわらず、ロシア側は血液・尿・便検査、鼻腔、喉の粘膜の検査を毎日実施する本格的なものであった)

 僕はミールブラチャーにたくさんのリポートを投稿していたし、自分の本も書き続けたので、隔離は執筆活動に良い環境だったわけです。

 ただし、インターネットの環境は非常に劣悪でした。ハイテク国日本でこんなにインターネット接続が遅いとは思いませんでした。

VS ダイヤモンド・プリンセス号で行われた隔離策は適切だったと思いますか?

ポポフ 日本の当局は前例のないケースに当初は慌てていたと思います。僕としては初期段階で3点の間違った対応があったと考えています。

(1)香港に入港した時に数百人の中国人客が乗船したが、それは断るべきでした。もちろん明確な根拠なしに乗船を断るのは難しかったでしょう。

(2)横浜に入港した時点で感染者(香港からの乗客)が確定されていたのだから、できるだけ多くの乗客を船からリリースすれば良かったと思います。

 特に日本人の乗客は日本の自宅で隔離した方が良かったのでは。それによって船にいる感染者数を減らすことになったと思います。

(3)船内の換気システムを止めるべきだった。恐らくコロナウイルスは船内の換気システム経由で広がった可能性が高いと思うが、もちろん私には検証できません。

隔離7日目 。デッキの散歩風景


 もう一つ面白い発見がありました。食事の時には毎回卵を使ったムース系のケーキが出たのですが、その写真を見た私の知り合いの医師から「ケーキを絶対食べないで」と連絡が来たのです。

 なぜなら研究室でウイルスを研究するためにまず鶏の卵でウイルスを培養しています。新型コロナウイルスが拡散する船の中で、卵ムースのケーキは素晴らしい繁殖の環境でしょう!?

 もちろん、これはブラックジョークです。全く科学的に検証されていない事象ですよ。

VS  先生にとって日本旅行は長年の夢だったそうですね。今回のダイヤモンド・プリンセス号での隔離を経験した後で日本に対する考え方が変わっていませんか?

ポポフ 全く変わっていません!

 隔離のおかげで予定したよりも長く日本に滞在できました。より多くの場面で日本人と接触することができ、日本人の他人に対する思いやり、配慮に感動しました。

VS 先生は医師としての46年間キャリアをお持ちです。先生の経験に基づいて、クルーズ船内でウイルスに感染した人と感染しなかった人の違いは何だと思いますか。

ダイヤモンド・プリンセス号のポポフ氏の客室


ポポフ 実は感染した人を船内で実際に目にしたことはないのです。

 また、検査で陽性だった乗客が運び出されていたのは夜でした。でも常識として言いますが、楽観的な性格の人は病気になりにくいと思います。

 僕はダイヤモンド・プリンセス号に乗ってから毎日プールで泳いでいた。隔離が始まってからはこの冒険に関する執筆活動を続けていました。

「ダイヤモンド・プリンセスの囚人たち」というタイトルです。絶対に出版したいですね。

 クルーズ船で隔離されていたアメリカ人乗客がいつも愚痴をこぼしているのを見て、改めてオプティミストになるべきだと思いました。

 その時、私はロシアの友人たちに「ここの状況は単なる良い状況ではなく、スーパー良い状況だ!」と報告していました(笑)。

VS 日本では今夏オリンピックが開催される予定です。新型コロナウイルスの先行きが不透明な中でオリンピックを迎える日本人にどういう言葉を送りますか?

ウラジオストクで隔離された第2病院の病室


ポポフ 何も恐れず、絶対オリンピックを開催してください。

 3月の終わり、4月になれば暖かいお日様が顔を出し、ウイルスも消えていくはずです。ぜひ良いオリンピックを楽しみましょう。

 私も今回の旅行は予定通りではなかったのですが、もう1回日本に行きたいです。次回は必ず日本庭園を見に行きます!

VS  興味深いお話を有難うございました。

 ダイヤモンド・プリンセスで2週間の隔離生活を終えたポポフ氏は2月21日に長く憧れた日本に再上陸した。

 彼は他のロシア人乗客と共に帝国ホテルに運ばれ、3日間の東京滞在を楽しんだ。今回の長くて短い日本滞在で彼は日本と日本人の完全なファンになったようである。彼が最後に残したコメントが面白い。

「あんなに親切、世界最高の思いやりのある日本人が、どうしてロシア帝国と戦争(日露戦争)を始めたか、今さらながら不思議ですね」

セルゲイ・ポポフ氏と筆者


筆者:ビクトリア・シパコフスカヤ