記者が語る高木守道氏の人柄 「『沸点』は低くても器は大きかった」

  • 中日担当の記者が、17日に急死した高木守道氏の人柄を語った
  • 「暴走老人」という呼び名を付けたときに、怒らずに乗っかった話を紹介
  • 「『沸点』は低くても器は大きかった」と高木氏をこのように綴った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x