台風15号の被害もまだ生々しいうちに日本列島に迫っている台風19号。週末にあたる12日から13日にかけて本格的な接近、上陸が見込まれており、旅行や出張の予定をキャンセルせざるを得ないという方も多いのではないだろうか。

そんな折、ホテル業界に身をおくTwitterユーザーのツイートが大きな注目を集めている。

ツイートは、台風の影響で宿泊を取りやめる場合は基本的に無償キャンセルにできる可能性があるので早めに連絡をして欲しい、という内容。またキャンセルが明確に把握できれば台風で身動きできなくなった、いわゆる帰宅難民を宿泊させることができるとも述べられている。

「ホテル業界にいる身としては、台風の影響で旅行や予定を取りやめるのであれば早めに連絡をください…台風の影響と言ってもらえれば、基本的には無償キャンセルします。早めにキャンセルが分かれば、今度は台風で動けなくなった人を取り込む形にシフトできるのです。とにかく連絡ください。」


https://twitter.com/cartonote/status/1181452878889701377

「全部のホテルが無償キャンセルしてくれるわけではないと思うけど、少なくとも自分が勤めてきたホテルたちはどこも天災は無償キャンセルだったなって話ですので悪しからず。ただ、お客様が何かしらアクションを起こしてくれれば僕たちには新しいビジネスチャンスが発生するという話。」


https://twitter.com/cartonote/status/1181478632369209344

このツイートに対し、Twitter上では利用者やホテル業界人から数多くのコメントが寄せられている。

「旅行者にもありがたいですし、近隣ビジネスマンの帰宅困難者の救済にもなりますね!
私が旅行者でキャンセルしたら、必ずリピーターになると思います。行ってないけどリピーター笑笑」

「2泊の予定で1日目はまだ台風は来ないけど、2日目は来そう、という日程で2日とも無償でキャンセルさせてもらったことがあります。飛行機も帰りの便がフライト中止になりそうだったので、後日のフライトに変更してもらえました。」

「意外に新幹線や飛行機なんかが天災でもキャンセルぎりぎりまで出来なくて、もしかしたら行けるかもキャンセル料80〜100%取られるなら無理して行くしかないと思ってる人多いのかなーと。
直接じゃなく旅行サイトから予約した場合、ホテル側の了承取ってもサイト側がキャンセル料請求したりしますし」

「支払済みやキャンセル不可のサイト以外はうちのホテルも基本的には無料キャンセルできます!!
天災で来れないのは仕方ないことなのでね。。。
ただ連絡いただければ、です。」

「自分も北海道でホテル従業員してましたが、大雪などの影響があった時はご連絡頂ければ無料キャンセル出来ましたが、特に連絡無ければ不泊扱いで料金発生してましたね」

災害により宿泊をキャンセルせざるを得ない場合は、なるべく早めにその旨をホテルに伝えるのがよいだろう。非常時だからこそ、より相手の立場を思いやり、自分の行動が与える影響まで配慮できるようこころがけたいものだ。

※画像はTwitter(@cartonote)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』