2019年、大物韓流スターの除隊ラッシュ続く。除隊するのは誰?予定日はいつ?

写真拡大 (全4枚)

2019年は、韓流スターたちの除隊ラッシュが続く見込みだ。

まず21カ月間の服務を誠実に行った俳優チュウォンが、2月5日に満期除隊した。

2017年5月16日に入隊し、“白骨部隊”と呼ばれる江原道・鐵原(チョルウォン)の陸軍第3師団新兵教育隊で助教として服務したチュウォンは、2018年10月から実施された兵役期間の短縮によって除隊日が10日早まった。

もちろん、他のスターたちの除隊日も早まっている。

3月27日には、元ZE:A出身の俳優イム・シワンが除隊予定。2017年7月11日に入隊し陸軍25師団の助教として服務中の彼は、除隊後の復帰作としてドラマ『他人は地獄だ』(OCN)の出演が早くも決まっている。

イム・シワン

現在、代替服務中の俳優イ・ミンホは、4月に召集解除(=除隊)する。2017年5月12日からソウル・江南区庁で社会服務要員として勤務をはじめ、服務期間の短縮によって4月25日に社会復帰予定だ。

イ・ミンホの除隊から2日後の4月27日には、俳優チ・チャンウクが現役陸軍を満期除隊する。チュウォンと同じく“白骨部隊”所属である彼は、俳優カン・ハヌル、INFINITEソンギュと共に陸軍創作ミュージカル『新興武官学校』に出演し、関心を集めた。

(左から)ミュージカル『新興武官学校』公演中のソンギュ、カン・ハヌル、チ・チャンウク

5月には、除隊ラッシュがピークを迎える。

代替服務中SUPER JUNIORキュヒョンの召集解除(=除隊)が5月7日、陸軍9師団で兵役中の2PMテギョンが5月16日除隊予定だ。

また、憲兵機動隊所属として服務中の俳優カン・ハヌルも、来る5月23日に除隊する。

2019年に除隊を迎えるスターのうち、ハイライトとも言えるのは俳優キム・スヒョンだ。

韓流スターとして人気を博していたキム・スヒョンは、2017年10月23日に現役入隊し、陸軍捜索隊で服務中。

兵役判定検査では心臓疾患のため4級判定(社会服務要員として代替服務)を受けたが、健康管理を行った末に1級判定を受けて現役入隊している。満期除隊日は7月1日の予定で、除隊後の活動に業界やファンから熱視線が集まっている。

(関連記事:「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介

キム・スヒョン

除隊したスターたちをいつ頃ドラマや映画で見られるか、気になるところだ。

服務中にも所属事務所を通じて出演オファーが舞い込むため、復帰作は容易に決められるはずだが、改正された勤労基準法によって撮影期間が長期化し、テレビ編成にも余裕をおくようになっただけに、除隊したスターたちの姿を確認するのは、しばらく時間が経ってからになりそうだ。

ある芸能関係者は、こう予想した。

「出演決定が遅れたり、わざと軍人のイメージを消して社会人としてのマインドを取り戻すために時間をかけようとすれば、復帰作の公開はさらに延ばされるはずだ。上半期に除隊しても、遅ければ来年に復帰作を見られるかもしれない」