5日、京都競馬場で行われた4R・3歳新馬戦(ダ1200m)で1番人気、北村友一騎乗、タイミングナウ(牡3・栗東・中竹和也)が快勝した。4馬身差の2着にサトノギャロス(牡3・栗東・西園正觥)、3着に2番人気のスクエアテーブル(牡3・栗東・吉田直弘)が入った。勝ちタイムは1:12.2(良)。

能力の違いで圧勝したタイミングナウ

タレントの木梨憲武さんが命名したタイミングナウがスピードの違いを見せて、デビュー戦を圧勝した。スタートから楽に先手を奪うと、ゴールまで後続を寄せ付けない快速ぶりを発揮。口向きが難しいという前評判だったが、悪癖を見せることなく最後まで持ったままの大楽勝だった。上のクラスに行っても即勝ち上がれそうな走りっぷりで次走への期待が高まった。

タイミングナウ 1戦1勝
(牡3・栗東・中竹和也)
父:Tapit
母:Her Smile
母父:Include
馬主:キーファーズ
生産者:KatieRich Farms