「兄貴や家族には、僕のことでこれ以上迷惑をかけたくなかったんで。僕が取材に答えるのは、これが最後です」

 まっすぐ前を見据えた目に、迷いはなかった。シーズン途中での引退に加え、その理由がまさかの「借金トラブル」である。「元」千葉ロッテの大嶺翔太氏(26)は、本誌の直撃に一部始終を語った。

 大嶺氏の引退が発表されたのは6月23日のことだった。2010年、沖縄・石垣島の八重山商工からドラフト3位で内野手として入団した大嶺氏は、2014年に一軍デビューを果たした。

「借金トラブルは2年前と今年の計2回あって、どちらも債権者から球団に連絡が行った。2013年に結婚した妻とは離婚しており、カネを管理する人がいなかった」(球界関係者)

 妻と4歳の娘と離れ、一人で人生を歩んでいた大嶺氏。6月下旬、都内の飲食店から出てきた彼を本誌は直撃した。

ーー借金をするようになった理由は?

「2年前、税金が払えなくて、給料の差押さえがありました。一軍で出るようになって急に税金が高くなり、払えなくて。生活費として使っていたつもりだったんです。飲食代とか、リフレッシュとか……」

ーー離婚したのは事実? 

「はい、2年半前です。それまでは妻にお金のことをやってもらっていたので、恥ずかしながら税金のことを知らなくて。それで、最初にお金を借りたのが2年前でした」

ーーそのときいくら借りた? 

「10万円です。グレーなところで借りたので……。それは返済したんですが、その後も、野球で頑張ればいいやっていう甘い考えがありました」 

ーー後輩からも借りていた? 

「3万円とかでした。チーム内でお金のやり取りが禁じられているのに、借りました」

ーー今回はいくら? 

「個人の方から総額で200万円弱です。20万円借りて、また2週間後に20万円追加とか……。最後に借りたのは5月。もう返済を待ってもらえなくなり、球団に知られることになりました。前回、迷惑をかけたのに許してくれた球団に申し訳なくて、もう引退するしかないと思いました」

ーー球団に借金を肩代わりしてもらう代わりに、引退させられたと報じられているが。 

「それは一切ないです。引退の書類にはんこを押すまで、球団はずっと引き留めてくださいました。引退はけじめとして自分で決めたことです」 

ーー今回の返済は? 

「親族が協力してくれて、返済してくれました。もう一人、お借りしている方がいるので、その方と親族にはこれから返していきます。ありがたいことに、(新しい仕事について)いろいろな方から声をかけていただいていて、今日もその相談でした。まず、お給料をもらうことが次の目標です」

 大嶺氏が今回、何度も口にしたのは愛する娘のことだった。幼い我が子とまわりの人々が、新たな道を生きる糧だ。 
(週刊FLASH 2018年7月17日号)