京都大学の准教授がセクハラなどで停職2カ月 女子学生からの相談で発覚

ざっくり言うと

  • 京都大学は25日、セクハラをしたとして准教授を停職2カ月の懲戒処分にした
  • 准教授は女子学生を叱責し、好意を伝えるメールを執拗に送りつけたという
  • 女子学生2人が2016年2月、大学の窓口に相談して発覚した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x