イギリスがユーロファイター「タイフーン」の後継機にあたる次世代戦闘機のコンセプトを発表しました。具体的にどのような戦闘機になるのでしょうか。

英ファンボロー国際エアショー、2018年最大の目玉は…?

 イギリス国防省は2018年7月16日(月)、イギリスで開催された「ファンボロー国際エアショー」の会場内に設けられたBAEシステムズ社(イギリス)の展示場で、イギリス空軍の「Combat Air Strategy(新戦闘用航空機戦略)」を発表。同時にその新戦闘用航空機戦略で開発される新戦闘機「テンペスト」の概念を形にした大型模型をお披露目しました。


お披露目された「テンペスト」の大型概念模型(竹内 修撮影)。

「Combat Air Strategy」の発表会と「テンペスト」のお披露目式典には、イギリスのギャビン・ウィリアムソン国防相やイギリス空軍のスティーブン・ヒラー参謀総長などの高官が出席し、ウィリアムソン国防相は会場で行なったスピーチで、「イギリスは1世紀に渡って世界をリードし続ける存在であり、『テンペスト』の開発は今後もその地位を保つための戦略です」と述べています。

 イギリス空軍は現在、ユーロファイター「タイフーン」とパナヴィア「トーネード」の2種類の戦闘機を運用しています。「トーネード」は2019年春に退役してF-35Bと交代しますが、「タイフーン」は2040年ごろまで運用される予定となっています。今回発表された「テンペスト」は「タイフーン」を後継する新戦闘機で、イギリス国防省は20億ポンド(およそ2925億円)を投じて「テンペスト」の開発に必要な技術の調査研究を行なった上で2020年末までに「テンペスト」の概要をまとめ、2035年までに実戦配備を目指す方針を明らかにしています。


2019年3月に全機が退役するイギリス空軍の「トーネード」(竹内 修撮影)。

2040年代まで運用されるイギリス空軍の「タイフーン」(画像:ユーロファイター社)。

イギリスが第二次世界大戦中に開発したホーカー「テンペスト」(画像:イギリス空軍)。

 テンペストは英語で「嵐」を意味する単語で、イギリスの生んだ劇作家ウィリアム・シェイクスピアの書いたロマンス劇のタイトルにも使われています。イギリスは第二次世界大戦中にも同名のホーカー「テンペスト」という戦闘機を開発していますが、この「テンペスト」は同じホーカー社が開発した「タイフーン」の後継機として開発されたもので、ドイツが開発した世界初の巡航ミサイル「V1」の迎撃などで活躍しました。ユーロファイター「タイフーン」の後継機の名前を「テンペスト」としたのは、歴史を重んじる、なんともイギリス人らしいセンスと言えるでしょう。

無人機型と共にパイロットひとりで編隊飛行も

「Combat Air Strategy」の発表会と「テンペスト」の実物大模型のお披露目式典の終了後、BAEシステムズの展示場内で「テンペスト」のメディア向け説明会が開催され、イギリス空軍と研究に参加するBAEシステムズ、ロールス・ロイス、レオナルド、MBDAの担当者から、「テンペスト」に盛り込まれる能力などについての詳細な説明が行われました。


ステルス性能を考慮した独特な形状の「テンペスト」の垂直尾翼(竹内 修撮影)。

 それによれば「テンペスト」は、パイロットが搭乗する有人機型とほぼ同サイズの無人機型を同時に開発し、有人機型の「テンペスト」と、無人機型の「テンペスト」で編隊を組んで運用する能力を備えるほか、有人機型にパイロットを乗せない状態、つまり無人機として運用することも検討されているとのことです。

 また将来の発展性の確保と運用の柔軟性の確保にも重きが置かれており、ステルス性能を損ねずに航続距離を延伸させるコンフォーマル(装着型)燃料タンクや、ミサイルなどの兵装搭載量を増やすコンフォーマル・ウェポンベイ(兵器倉)の装着を前提とした設計や、胴体内部に兵装を搭載するウェポンベイを機体から取り外し可能とする構想も明らかにされています。

 コクピット(操縦席)には立体映像を投影する装置が設置されるほか、敵味方の位置情報などは、パイロットが状況を認識しやすい三次元映像で表示されます。

 兵装はミサイルや精密誘導爆弾などに加えて、レーザーや強力な電磁波を照射して敵のレーダーやミサイルの誘導装置を無力化する、高エネルギー兵器を搭載することも構想されており、敵のAWACS(早期警戒管制機)や地上のレーダー施設などへの攻撃能力を持たせることも検討されているようです。

 展示された「テンペスト」の大型模型は、その機首部や垂直尾翼の形状について、1990年代にノースロップ(現ノースロップ・グラマン)がアメリカ空軍のF-15後継機計画「ATF」(先進戦術戦闘機計画)用に開発した試作戦闘機のYF-23に近い形状という印象を受けましたが、前にも述べたように、今回展示された実物大模型はあくまでも現時点における「テンペスト」の概念を形にしたもので、説明会では必ずしもこのままの形状で実用化される訳ではないとの説明がなされています。

日本が共同開発に参画の可能性は…?

 説明会に出席したイギリス空軍の高官とBAEシステムズの幹部は、「テンペストのドアは常に開かれている」と述べていますが、イギリスは以前からユーロファイター「タイフーン」の後継機を単独開発ではなく、同盟国や友好国と共同開発したいという意向を示しています。


独特な形状を持つ「テンペスト」の主翼(竹内 修撮影)。

 2018年7月17日付のロイターはイギリス空軍幹部の話として、日本やスウェーデンと共同開発に向けた話し合いを行なっていると報じていますが、16日に行なわれた発表会には、日本の防衛装備の調達を管轄する防衛装備庁の高官も出席しています。また説明会後に筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)がイギリス空軍の幹部に取材したところ、どの程度の情報を開示したかは明らかにしてくれませんでしたが、防衛装備庁が発出した、航空自衛隊のF-2後継機の情報提供要求に対して、「テンペスト」の情報を提供したと述べています。

 防衛装備庁は2017年3月にイギリス国防省とのあいだで、将来戦闘機と無人航空機を含む将来戦闘航空システムについて、日英両国の協力の可能性を探る取り決めを締結しています。とはいえ、航空自衛隊は過去にヨーロッパ製戦闘機を導入したことがなく、F-2後継機が国際共同開発となる場合でも、アメリカ企業、とりわけ第5世代戦闘機の開発で世界をリードしているロッキード・マーチンと組む可能性が高いと見られていました。

 ただ、7月16日付の読売新聞は、本命と目されてきたロッキード・マーチンのF-22にF-35の技術を盛り込む案に対して、防衛省幹部が開発費や機体の単価が高騰するとの難色を示したと報じており、この報道が事実であれば先行きは不透明になりつつあると言えます。

 7月20日(金)付のロイターは、ボーイングの防衛部門のトップであるリアン・カレットCEOが、「テンペスト」の開発への参画に関心を寄せていると報じています。ボーイングは防衛・民間の双方で日本の航空産業と深いつながりがあり、防衛省や航空自衛隊からも信頼を得ています。もしボーイングが「テンペスト」の開発に参画し、イギリスと協力して日本に「テンペスト」の共同開発への参画を提案することになれば、「テンペスト」がF-2後継機のベースとなる可能性も十分にあるのではないでしょうか。

【写真】「テンペスト」ももちろん「そろばん玉」シルエット


前方から見た「テンペスト」。F-22などと同様、ステルス性能を考慮したそろばん玉のような形状となっている(竹内 修撮影)。