東日本大震災の影響でゲームソフトの発売延期や中止が相次ぐなか、人気すごろくゲームシリーズ「桃太郎電鉄」(ハドソン)の最新作の開発中止が明らかになった。

   作者のさくまあきらさんが2011年4月15日、ウェブ上の日記で明らかにした。東日本大震災の影響で「描きづらい」というのがその理由で、「東北が復興し始めたとき」に仕切り直したい考えだ。

「いままでの物件が堂々と登場するのも変だ」

   「桃鉄」として知られる桃太郎電鉄シリーズは、プレイヤーがサイコロを振って全国各地を回って物件を買い集め、資産の合計額を競うゲーム。第1作は1988年に発売され、これまでにスーパーファミコン、プレイステーション、ニンテンドーDS、Wiiなど様々なゲーム機器向けに発売されている。2011年2月17日には、iPhone(アイフォーン)向けの「桃太郎電鉄JAPAN+(プラス)」の配信が始まったばかりだ。

   製作中止が決まったのは、Wii向けの「桃太郎電鉄2012(仮)」。さくまさんの日記では、その経緯を

「東日本大震災で、三陸沖が被災してしまったこともあって、描きづらいので、正式に製作中止となった。被災地に、物件がないのは、悲しすぎるし、何事もなかったように、いままでの物件が堂々と登場するのも変だ」

と説明している。

「ちょっと手元が狂っただけで、多くの人を傷つけてしまう」

   「東北復興編」も検討されたが、

「非常にナーバスな問題だけに、ちょっと手元が狂っただけで、多くの人を傷つけてしまう」

との理由で見送られた模様だ。ただ、今後の新作の製作についての意気込みも見せている。

「『桃太郎電鉄』の出番は、東北が復興し始めたときにこそ、『東北はこんなに元気になっていますよ! 東北に来てください!』と宣伝することに、協力できるようにおもう」

   「桃太郎電鉄2012(仮)」は、ハドソンから発売時期などが発表される前の段階で製作中止が決まった形だが、さくまさんの日記では、10年の12月頃から同ソフトの仕様書執筆の話題がたびたび登場している。例えば10年1月23日付けの日記では

「『桃太郎電鉄2012(仮)』は、Wiiで作る最後の作品になるとおもうので一生遊べるような内容にしたい」

とつづっており、動向が注目されていた。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!