タモリ(左)と笑福亭鶴瓶

写真拡大

 落語家・笑福亭鶴瓶が2日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(後4・00)に生出演。4月25日まで東京・世田谷パブリックシアターで開催された「TSURUBE BANASHI 2021」にタレント・タモリが来場したことを明かした。

 終演後、動揺するマネジャーの姿に「誰か亡くなったんかと思った」という鶴瓶は、タモリの来訪と知ると「迎えに行って」と楽屋に招いたという。鶴瓶が「何してんの?」と聞くと、「(チケット)ぴあで買って来たよ」とプライベートで単独行動だったと明かしたという。

 鶴瓶は「どう見てもタモリでしたね。サングラスと帽子とマスク。『絶対タモリ』やったわ」といでたちを振り返りつつ、「うれしいですよね。そうやって、あんまりあんなところ来ないですよ。自分でぴあで買って来たんやから。ホンマですよ」と喜んだ。

 公演での鶴瓶に刺激を受け、タモリは「オレもああいうことあるよ」と廊下で延々とネタを披露していたという。鶴瓶は「おもろいねん」とクオリティーの高さを認めつつ、「そんなこと廊下で言われたって。自分も(イベント)せいやって。『タモリ噺』したらええやないか。オレにももっと面白い話あるでって」と笑いながらツッコミを入れた。

 おもしろネタを言い合った「笑っていいとも」でのやりとりを懐かしみつつ、「(また)そういう番組をやりたいけどね。あの人(タモリ)とやったら延々しゃべれますよ」と希望を明かした。