電通、過去最大1595億円の赤字「のれん代」の減損処理が響く

ざっくり言うと

  • 電通グループが15日、2020年12月期の連結決算を発表した
  • 純損益が1595億円の赤字となり、コロナの影響で過去最大の赤字額に
  • 海外事業でブランド価値を示す「のれん代」の減損処理を迫られたのが響いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x