異例のお言葉で「お気持ち」を出された(昨年10月、茨城・常陸太田市 撮影/JMPA)

写真拡大

 発表から2週間近く経ったいまもなお、波紋を広げる秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)の「お気持ち」文書。その影響は、秋篠宮さま(54才)のお体にも及んでいるという。眞子さまと小室圭さん(29才)、ふたりの「共同作業」の衝撃──。

【写真】顔を寄せ合い、チェキで自撮りをされる眞子さまと佳子さま

「当初、発表される文書について、“結婚の今後の見通しはまったく立たない”といった内容だと把握していたそうです。ところが、実際の文書では強いお言葉で結婚の意思を示され、具体的な日取りは書かれていないまでも、事実上の結婚宣言でした。関係するスタッフは大変驚くとともに、今後の『皇室制度改革』の議論、つまり女性宮家や『皇女』制度の創設の修正を迫られ、とにかく慌ただしくしているそうです」

 ある官邸関係者はそう語る。さらに、「どのタイミングかは不明だが、一度練り上げた文書の内容が大幅に書き換わったはずだ」と続ける。「皇女制度」は皇族の減少に伴い政府が検討している新制度。詳しくは後述するが、「お気持ち文書」は、その制度にも影響が及びかねないという。

 11月13日、眞子さまが婚約内定者の小室さんとの結婚について文書を公表された。

「眞子さまは文書について、天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻には事前に伝えられたそうです。ただ、文面を一言一句お伝えしたわけではないでしょうから、発表文書を読まれた両陛下とご夫妻の胸中はいかがだったでしょうか。さらに、皇族方のなかには報道を通じてその内容を知り、焦りを感じられた方もいらっしゃったと聞きます」(宮内庁関係者)

 皇族方の感じられた「焦り」とは、小室さんの母・佳代さんについてだという。

「女性皇族と結婚した相手の家族は『ご親族』となり、多くの宮中行事に出席する機会があります。これまで、出席を遠慮するご親族もいたそうですが、佳代さんは同じように出席を遠慮するでしょうか。皇族方は、渦中の人物となった佳代さんとどう接したらいいのか、悩ましく思われているようです」(前出・宮内庁関係者)

 文書には《両親の理解を得たうえで》公表に至ったことが記された。しかし、秋篠宮さまは“手放しで結婚を認める”わけではない。

「秋篠宮さまは自主性を重んじる子育てをされてきましたから、結婚のご意思自体は尊重されています。ですが、重要なのは多くの国民が納得し、祝福する状況になったかということ。“目に見える形でトラブル解決に動くべき”というのが本音でしょう」(皇室記者)

 2018年、秋篠宮さまは結婚について《相応の対応をするべき》と話された。しかし、文書には「相応の対応」の跡は一切、見られない。だが、結婚は「両性の合意にのみ基づく」もの。本人たちの意思を認めないままでは、“個人の自由もない皇室”というイメージにつながりかねない。秋篠宮さまは、そうしたジレンマに陥られているのだろう。

「親といえども結婚の権利は取り上げられません。“娘のために結婚を止めたくても、自分は何もできない”、そんな絶望に苛まれておられるのでは」(皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年12月10日号