1月22日放送の『ラスアイよろしく』(テレビ朝日系)で、MCを務める霜降り明星のせいやが、アイドルグループ・ラストアイドルの2周年記念コンサートのステージにサプライズで乱入してダンスを踊った舞台裏を公開した。

 グループ内の3人組ユニット・シュークリームロケッツの『君のAchoo!』に参加することになったせいやは、「ファンの人に失礼のないように。コンサートにせっかく来たのに『なんやねんアイツ! 邪魔しやがって』となるのは一番イヤなので。僕も真剣に取り組みたい」とダンスを特訓。

 振付師の先生からレッスンを受けるが、簡単なステップにも苦戦し、深夜まで練習。本番当日は相方の粗品が激励に来るが、「出てってくれ」と追い出し、直前まで稽古を続けた。

 曲の途中からせいやが、松本ももなと入れ替わる形でステージに乱入すると、ほかのメンバーは驚きのあまり、絶叫してうずくまってしまった。それでも、なんとか態勢を立て直して、パフォーマンスを無事に披露した。

 ほかのメンバーもせいやの乱入は知らされておらず、安田愛里は「キャーって音が聞こえてきて変質者が入ってきたんだ、って」と驚いたことを明かしていた。

 せいやは2000人の前で踊り、「アイドルって大変。今後、アイドルでやっていくか、芸人でやっていくかは、また報告します(笑)」とアイドル転向の可能性をジョークとして語っていた。

 霜降り明星は過去にもイベントでダンスに挑戦。一昨年の『M-1グランプリ』優勝直後の2018年12月6日におこなわれたスポーツミュージカル『energy〜笑う筋肉〜』の会見で、地面をリズミカルに踏むアースタップという踊りに参加。

 だが、せいやは6人中最下位の出来で、マッスルミュージカルを手がけた演出の中村龍史氏から、「頭の神経が体につながっていない」と辛口コメントをくらった。

 アトランタ五輪体操日本代表の田中光からも「(『M-1』審査員の)上沼恵美子さんに怒られると思います」とダメ出しされ、せいやは「アースタップで怒られるんですか?」とタジタジだった。 

 もはや芸人のステータスでもあるアイドルとのコラボ。今回せいやは変質者扱いされてしまったが、さらに完成度を上げて、再チャレンジしてもらたい。