体調がよくなってきた矢先に妻がけが 財津一郎が語る「老老介護」

ざっくり言うと

  • 自宅療養中の財津一郎が89歳の妻との生活について、週刊文春に明かした
  • 自身の体調がよくなってきた矢先、けがをした妻の世話をすることに
  • 「老老介護」で大事なのは、「絶対に暗くならないこと」だと語っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x