チャンネル登録者数22.7万人! 2018年にYouTuberデビューしたキティちゃんの本音トークが「深い」「刺さる」「励まされる」と話題となり、書籍『YouTuberキティの人生相談』(扶桑社刊)にまとめられるまでになっています。

ここでは、視聴者から寄せられた質問に答える企画「コメント返し」から、キティちゃんの至言・名言の一部をご紹介。意外なほどはっとする言葉が目白押しです!


人生や人間関係、家庭問題にまでキティちゃんが言及!はっとする言葉で語ります

女性に響く!YouTuberキティが提案する新しい家庭観とは?



サンリオキャラクターとして1974年に生まれ、今や日本の“kawaii”文化をけん引するスペシャルな存在として、世界じゅうにその名を轟かせるキティちゃん。

「仕事を選ばない」と言われるほど古今東西さまざまなキャラクターとコラボし、アニメ化され、人によって「無垢」「やんちゃ」「クール」などさまざまなイメージをもたれる、じつに多面的なキャラクターです。

YouTubeではそんなキティちゃんのまっすぐで人情家な一面が見られます。かわいいだけではない、深くて元気をもらえる“名”コメント返しの数々をご覧ください。

●Q.家事も手抜きで育児に悪戦苦闘。仕事も以前のように思いっきりはできなくて、中途半端で自己嫌悪になることがあります。どうしたらいいでしょうか?(34歳・はなえ)

A.過去の自分、記憶のなかで盛られてる


中途半端だな、って思うのはきっと理想をもってがんばってるってことで、でも「過去の自分」を「理想」としちゃうと、大変。
あの、思い出補正というか、過去の自分って、記憶のなかで相当盛られてるから比べなくて大丈夫。いまのあなたで大丈夫です。
常にいまが自分史上最強!
なんてね、自信と余裕をもって未来へ向かってほしいなって、キティは思います。

●Q.なかなか帰ってこないうちの旦那さん。家に帰りたいと思わせるようにするには、私はなにをしたらいいでしょうか? (44歳・お片づけ大好き!)

A.自由にコントロールできるのは自分の気持ちだけ


「家に帰りたい」と思うかどうかは、もう旦那さん自身の問題で、旦那さんの気持ちは旦那さんのものだから、コントロールはできない。
うん。自分が自由にできるのは自分の気持ちだけ。
その気持ちを捨てられないのであれば、もう伝えることしかできないんじゃないかなとキティは思っていて。

そう、あの「家に帰ってきてほしい」っていう言葉の底にあるのはきっと「一緒にいたい」っていう気持ちですよね。
そのすなおな気持ちを、もういちど、あの、伝えてみてほしいです。
そうすることで、相手の気持ちを、コントロールはできないけどちょっと動かすことならできるんじゃないかなってキティは信じていて。

あの、お互いね、忙しいおふたりだからこそ、ね、かけひきとか、根回しとか、している時間がもったいないです。
旦那さんの好きな人は、お片づけ大好き! さん、あなたなのだからあなたのすなおな気持ちこそが、旦那さんを動かすいちばんの原動力になるのではないかなとキティは思います。
お片づけも、ね、ほどほどにね。んふっ。

「仕事は全部“選んで”る」!ポジティブでハッピーなキティの言葉が胸に刺さる



●Q.キティちゃんは働きすぎ、過労キティなんて言われてますが、どうしてそんなに仕事を選ばないんですか?(31歳・元カルチャーセンターの専任講師)

A.仕事は“選ばない”っていうかむしろ全部“選んで”る


「仕事を選ばない」とか言われているのは知ってます。はい。
ただ、一個言いたいのは、“選ばない”っていうかむしろ全部“選んで”る?
これまでやってきたことは吟味に吟味を重ねながら、キティがうん、やりたい! って思ったお仕事なんだよね。
だって、知らないこと、やったことのないことにチャレンジしてみるっておもしろいから!
みんなもなにかチャレンジしてみて、新しい発見があったら教えてね!

続いて、キティちゃんが「大人になるってこと」やママ友関係、結婚問題についてもじっくり答えます。

●Q.大学に入ってから「もう大人なんだから」って言われることが増えました。でも、私的にはなんにも変わってなくて。大人ってなに? 大人になるってどういうこと?(18歳・じゅりあ)

A.大人になるって大人のフリができるようになること


大人になるってキティはちょっと憧れるの。なんでかって、責任とかそういうのをちゃんともって生きている人って感じがするから。
それって、急にはできなくて。ね。みんな最初は大人のフリをしながら、ちょっとずつ身につけていくんじゃないのかな、って。うん。

だからね。本当はいくつになってもあなたらしさを捨てる必要はないんじゃないかな。
好きなことだったり、夢中になれることだったり、あなたらしさをつくっている部分は変えなくていいし、きっと年齢で決まるものではない、とキティは思います。

相手がいるから悩ましい、人間関係の悩みをキティが斬る!



●Q.ママ友でちょっぴり苦手な人がいます。どうしたら仲良くなれるでしょうか?(37歳・あややママ)

A.苦手なままでいい


いまは、その苦手だなって気持ちを、そのまま受け止めてみるのもいいと思う。
苦手なままでもいいんじゃないかって、キティは思うな。

いつか、いろんなママ友とのおつき合いのなかで、その苦手な人の別の一面を見つけることもあるかもしれない。
そのときに、いい面もあるのかな? 思っていたより気が合うかもしれないな? と思えたら、苦手だなという気持ちを少し忘れて、笑顔で話しかけてみてね。

●Q.いまつき合っている彼と、絶対に絶対にゴールインしたいんです! どうしたら結婚にもち込めるか教えて!(33歳・みほ)

A.大切な人と一緒にいるための方法って結婚だけに限らない


結婚!
すてきだなーって、キティも憧れるんだけど、でもね、大切な人と一緒にいるための方法って結婚だけに限らないんじゃないかなっていうのも、キティは最近ね、思ったりするんだ。

結婚は責任がともなうけど恋愛はそうじゃない、っていう意見もあるけど、そんなことないよね。
恋愛は人としての責任。結婚は法律もともなった責任。
だからつまり…結婚をゴールにしないで、もっと大きな目で相手を大切にできる方法を考えてほしい!
その先に結婚があるなら、それはそれでとってもすてきなこと!!


どんな悩みもいったん受け止め、自分事としてやわらかく投げ返すYouTuberキティのコメント返し。日本を代表するポップアイコンとしての一面とは異なり、懐の深いお母さんのような優しさを感じた人も多いのでは。

書籍『YouTuberキティの人生相談』
(扶桑社刊)にはさらにしみる言葉がたくさん詰まっています。人生の様々な局面で悩んだとき、自己肯定感が低くなっているとき、覇気のない自分自身に活を入れたいときに、ぜひご一読を。

<(C)’76,’19 SANRIO 著作(株)サンリオ 取材・文/福村美由紀>