2019年10月4日、Facebookが提唱する新しい仮想通貨「Libra」を運営するために設立された「Libra協会」に加盟するパートナー企業から、初めて離脱社が出ました。それから1週間が経過して、さらにVisa、Mastercard、eBay、Stripe、Mercado Pagoといった企業が一斉に離脱することが明らかになっています。

Mastercard, Visa, eBay and Stripe quit Facebook’s Libra | Financial Times

https://www.ft.com/content/a3e952dc-ec5c-11e9-85f4-d00e5018f061

Facebook’s Libra Association crumbling as Visa, Mastercard, Stripe, and others exit - The Verge

https://www.theverge.com/2019/10/11/20910330/mastercard-stripe-ebay-facebook-libra-association-withdrawal-cryptocurrency



Facebookが提唱した全く新しい仮想通貨のLibraは、2020年のサービススタートを目指しており、発表時にはFacebookのほかにVisaやMasterCard、Uber、Lyft、eBay、Spotify、PayPalといった有名企業がパートナー企業として参画することが明らかになっていました。

しかし、サービススタートの前からフランスとドイツがLibraをブロックすると発表し、世界各国の中央銀行や規制当局から厳しい調査を受けていることも明らかになっていました。この時点で2社がLibra協会からの離脱を検討していると報じられていたのですが、10月4日にはLibra協会から初めて離脱社が出たことも報じられています。

Facebook主導の独自仮想通貨「Libra」を支えるパートナー企業から初の離脱企業 - GIGAZINE



そして新たに、2019年10月12日になってVisa、Mastercard、eBay、Stripe、Mercado Pagoの5社がLibra協会から離脱すると報じられました。PayPalの離脱が報じられた際、Visaのアル・ケリーCEOはLibraに対する暫定的なサポートを強調する声明を出していました。ケリーCEOの声明がどのようなものだったかは上記の記事から確認できます。

VisaのLibra協会からの離脱に際して海外メディアのThe VergeがVisaに連絡を取ったところ、「現時点では、VisaはLibra協会に参加しないことに決定しました」と広報担当者から返答があったそうです。ただし、広報担当者は「我々はLibraについての評価を続け、最終的な決定は必要なすべての規制を完全に満たす能力が協会にあるかどうかなどの、複数の要因により決定されます」とも述べており、あくまでも記事作成時点では「参加しない」という判断であることを強調しています。

同じく離脱が報じられたeBayは、「Libra協会のビジョンを非常に尊重していますが、eBayは設立メンバーとしてプロジェクトを進めることはない、という決定を下しました。現時点では、eBayの管理された支払い体験をお客様に提供することにのみ注力します」と正式にコメントしています。

さらに、Stripeは撤退について「Stripeは世界中の人々がオンラインコマースにアクセスしやすくすることを目的としたプロジェクトを支援しています。Libraにはこの可能性があります」とコメントしつつも、現時点では参加しないという判断であるとしています。

なお、記事作成時点ではMastercardからはコメントを得られていないそうです。

Libra発表当初に公開されたLibra協会加盟企業の一覧図が以下のもの。



記事作成時点では離脱が報じられたVisa、Mastercard、eBay、Stripe、Mercado Pagoの5社のロゴはなくなっています。



今回離脱が報じられたVisa、Mastercard、eBay、Stripe、Mercado Pagoの5社は、いずれも決済技術関連企業であるということで、Libraは決済技術関連のパートナー企業を失うこととなります。これはまだスタートしたばかりのLibraにとっては「深刻な問題である」とThe Vergeは指摘しています。

新しく5社がLibra協会から離脱するという報道に対してコメントを求められたLibra協会のポリシーチーフであるDante Disparte氏は、「我々は世界をリードする企業、社会的影響を与える組織、その他の利害関係者の強力な関係を前進、構築し続けることに焦点を当てています。我々は3日後(10月14日)に開催されるLibra協会としては最初の会議を楽しみにしています。ここで、Libra協会の初期メンバーを発表します」とコメントしています。

なお、新しく5社の離脱が報じられる前には、民主党員のブライアン・シャッツ上院議員がVisa、Mastercard、StripeのCEOに対してプロジェクトへの参加を再考するよう圧力をかけたことが報じられていました。シャッツ上院議員はLibraについて、「犯罪者やテロリストの資金調達を促進する」などのプロジェクトが抱える問題点を指摘しており、「既存の国際的な金融システムを不安定化するものである」と警告したそうです。

Libra専用のウォレットアプリを開発する「Calibra」のリーダーであるDavid Marcus氏は、自身のTwitterアカウント上で「VisaとMastercardの、他の規制が明確になるまでLibraへの参加を控えるという決断を尊重します」とコメントし、VisaとMastercardが記事作成時点ではLibra協会から離脱することになったことを正式に認めています。