社長特別表彰!

写真拡大

 日本テレビの“水トちゃん”こと水ト麻美アナ(32)が「社長特別表彰」を受賞した。8月24〜25日の「24時間テレビ」で総合司会を務め、マラソン(今年は駅伝)企画にも参加。見事、42・195キロを走り抜いたことが評価されたという。これまでは「24時間テレビ」が番組全体として社長賞を獲得していた。個人で同賞をもらったのは史上初。まさに、「特別」扱いである。

 そこには、計り知れない大人の事情があったという。

 ***

 水トちゃんは、6年連続で「24時間テレビ」の総合司会を務めている。さすがは、「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)で、13年から17年まで5年連続で1位となり、殿堂入りを果たしているだけのことはある。日テレの顔、不動の人気アナだ。

社長特別表彰!

 今年の彼女は総合司会のみならず、恒例のマラソン企画にも参加した。今回は4名による駅伝形式で、事前にハリセンボンの近藤春菜(36)、ガンバレルーヤのよしこ(28)、いとうあさこ(49)の3名は発表されていたが、最後の1人は伏せられたままだった。放送当日に発表されたのが、まさかの水トちゃんだった。日テレ関係者が言う。

「他の3名がお笑いタレントでしたし、これまで日テレOBの徳光和夫アナが走ったことはあっても、現役の社員が走ったことはありませんでしたからね。ましてや、水トは番組の司会ですからね」

 水トちゃんが第2走者のよしこからタスキを受け取ったのは、25日の午前8時過ぎだった。それからフルマラソンと同じ42・195キロを、気温30度を超える中、6時間以上をかけて走破し、アンカーのいとうあさこにつないだ。

 およそ3時間後、彼女は再び総合司会に復帰し、続く「行列のできる法律相談所」の生放送にも出演した。さらに、翌朝8時からのレギュラー番組「スッキリ」でも笑顔を見せたばかりか、その日の夜9時からの2時間生放送「24時間駅伝舞台裏SP」にも出演していたのだ。これにはSNSでも驚嘆の声が上がったが、日テレを批判する声も。

〈まさかスッキリに出るの?金曜日まで連続勤務はさすがにヤバい。日本テレビのアナウンサー教育担当及び大先輩である豊田アナが休めとか言わないのかな?〉

〈24時間司会、マラソン、翌日のスッキリ、そして生放送でマラソン振り返りの特番。水卜ちゃん働き過ぎでしょ。日テレブラックだな。〉

〈総合司会をやりながら、日中の一番しんどい時に駅伝ランナー…これってただ単にパワハラでしょ。〉

 働き方改革が進む中、日テレの社員に対するパワハラなんて声が噴出していたのだ。先の日テレ関係者は声を潜める。

「確かに外部からはそういう声が出るのも仕方ないでしょう。しかし、そうするしかなかったところもあるんです。日テレだって働き方改革を進めているのですから」

 働き方改革で、何でこうなるのだろうか。

「電通の過労死スキャンダルもあり、日テレも働き方改革を進めています。その中で、『一部の人気社員アナだけが忙しく働いているのはおかしい。平等にして、他の人気のない社員アナにも仕事を与え、働き方改革を乗りきろう』という流れになったのです。水トのレギュラー番組が、減ったのもそのためです」(同)

人気があっても給料は減った

 現在、彼女のレギュラー番組は、平日朝の帯番組「スッキリ」(月曜〜金曜・8:00)と「有吉ゼミ」(月曜・19:00)、「幸せ!ボンビーガール」(火曜・22:00)の3本のみ。一時と比べるとずいぶん減った。

「ただ、これで水トの給料も減ったんですよ。実はテレビ局は、番組制作する社員に比べ、社員アナの給料は安いんです。社員アナは番組出演している実働時間だけが勤務時間として算出され、どんなに仕事の準備に時間をかけても、それは勤務時間になりません。そのためかつては、出番が少なければ給料は減り、番組を多く持つ人気アナは給料が高くなる、という状態でした。しかし、働き方改革の煽りを受けて、それもできなくなったのです」(同)

 人気があるのに、番組を持てないという状態にあるのが、水トアナというわけだ。となれば、彼女の頭をよぎるのは……。

「人気アナほどモチベーションを保つのは難しいと言われます。フリーになれば、同じ仕事をしても、ギャラは格段に変わりますから。特に日テレには“独立で大成功した先輩”羽鳥慎一(48)がいます。羽鳥の東京キー局でのレギュラー番組は現在、朝の帯番組『モーニングショー』(テレ朝・月曜〜金曜・8:00)と『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ・木曜・19:56)、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日テレ・月曜・21:00)と、水トが担当する番組とほとんど一緒。しかし、彼女のギャラは、羽鳥の20分の1程度でしょう。その先輩が『24時間テレビ』では彼女の隣で一緒に総合司会を務めているわけですから、彼女が独立への道を考えないはずがない。しかし、日テレとしては、会社を辞めてフリーになるのだけは、やめてもらいたいわけです。苦肉の策で打ち出したのが、駅伝でした」(同)

 単に、彼女を酷使しているようにしか見えないが、

「先ほど言った通り、彼女の給料を上げるには出演を増やすしかない。しかし働き方改革で、それはできなくなりました。しかし、『24時間テレビ』は年に一度の特番で、通常の業務とは異なります。なにより彼女は、6年連続で司会をしていますし、それに駅伝ランナーという晴れ舞台を加えることで、翌日の生番組にも出演できる。さらに初の社員ランナーですから、特別賞の名目も立ったわけです。もちろん会社も、これだけで彼女を引き止められるとは思っていません。水面下で、来年のオリンピック総合司会も任せるという話も進んでいるとか……」(同)

 オリンピックが終わったらどうなるのだろう。

「再来年になったら、引き止めも難しいでしょうね。たとえ数年でも、彼女が日テレにとどまってくれさえすれば、日テレとしては御の字です。現在、日テレはテレ朝と視聴率三冠王を巡りデッドヒートの真っ最中です。そんなときに彼女がテレ朝にでも行かれては、目も当てられませんから。実際、独立した羽鳥アナに、まずレギュラー番組を持たせたのがテレ朝でした。『モーニングショー』の前身『モーニングバード!』の視聴率は5〜6%でしたが、いまや10%超えを叩き出す高視聴率番組となり、日テレを脅かす存在に。同じ過ちを繰り返さないためにも、今、彼女を独立させてはならないのです」(同)

 社長特別賞にいくら入っていたのかはわからないが、果たしてそれだけで引き止められるのだろうか。水トアナに関するSNSの中に、こんなメッセージもあった。

〈マラソン走ったミトちゃんと春菜は朝からスッキリ出てるのに羽鳥は休み?〉

「24時間テレビ」の翌朝、水トちゃんが疲れた体にムチ打って「スッキリ」に出演していたちょうどその時、裏番組の「モーニングショー」に羽鳥の姿はなかった。羽鳥はこの日から夏休みに入ったのだ。やっぱり、フリーっていいな……。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月22日 掲載