地球から31光年先に生命存在可能な圏内か NASAの探査衛星が発見

ざっくり言うと

  • NASAの惑星探査衛星が、地球から31光年先に3つの系外惑星を発見した
  • 最も魅力的な発見となったのは、地球の6.1倍の質量を持つ「GJ357d」だ
  • 恒星から適度な距離にあり、生命が存在できるゾーン内で見つかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング