将来の不安で薬物に依存する若者増加「幸せの国」ブータンで深刻化

ざっくり言うと

  • 「幸せの国」として知られるブータンでは、若者の薬物汚染が深刻だという
  • 失業率の上昇や家族関係の希薄化などが背景にあるとみられている
  • 同国では大麻があちこちに自生していて、薬物も簡単に手に入るとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x