©2018 Disney Enterprises, Inc.

写真拡大

2018年9月14日(金)から公開中の映画『プーと大人になった僕』。

【動画】ディズニー・レジェンドも登場!キャスト、スタッフたちがプーについて語る

感動の声が続々と届く中、ディズニーファンの間では「最後の最後で笑った」「クレジット映像がずるい」など意外な笑いのコメントが広がっています。

ファンを笑わせたエンドクレジットの意味とは?

独占公開 スターがプーとの思い出を語る

今回、『プーと大人になった僕』主演のユアン・マクレガーやヘイリー・アトウェル、リチャード・シャーマンらがプーについて語る特別映像の日本語字幕版を独占公開!

大人になったクリストファー・ロビンを演じるユアン・マクレガーは、「誰もがプーを知っている。童話を読むか、ディズニーのアニメーションを観るかしてね。」と語ります。

「私の世代も私の両親の世代もプーと共に育った。」と語るのは、クリストファー・ロビンの妻イヴリン役のヘイリー・アトウェル。

かつてプーと遊んでいた人々が大人になり、クリストファー・ロビンと同じ立場であの頃の思い出が蘇って来る映画です。

ディズニー・レジェンドが登場

続いて登場するのは、リチャード・シャーマン。

作曲家として、プーたちがお別れパーティーで歌った歌、エンドクレジットで流れる2曲を作曲しています。

映画を観た方はこの人が出演していたことに気付いたでしょうか?

エンドクレジットの途中、浜辺のシーンで「Busy Doing Nothing」という曲をピアノで弾いている人こそ、リチャード・シャーマンその人です。

マーベル映画にスタン・リーがカメオ出演するような、驚きとじわじわ来る笑いに溢れた映像です。

シャーマン「時を得て再び100エーカーの森に戻るのは、本当に特別なこと」

シャーマン兄弟といえば、「イッツ・ア・スモールワールド」や『メリー・ポピンズ』などディズニーの名曲の数々を生み出してきた、伝説の作曲家。

なぜ彼が『プーと大人になった僕』に3曲も提供し、出演までしているのでしょうか。

今回の映像で本人が「最初のプーのアニメに歌を書いた」と語るように、シャーマン兄弟は1966年の『プーさんとはちみつ』で作曲を担当。

『プー僕』でも流れる「くまのプーさん」や「ワンダフル・シング・アバウト・ティガー」などの曲も彼の作曲です。

その後シャーマンは一旦ディズニーを離れますが、2000年『ティガームービー/プーさんの贈りもの』で約30年ぶりにディズニー長編の作曲を手がけました。

そして2000年以来のディズニー長編への歌の提供となったのが『プーと大人になった僕』。

50年以上プーと共に歩んできたキャリアが、「時を得て再び100エーカーの森に戻るのは、本当に特別なことだ」と今回の映像で語る真意に繋がっています。

そんな彼がプー作品に出演した特別なシーン、その後のエンドクレジット上では映画のタイトル(原題)と同じ名前の曲「Christopher Robin」がリチャード・シャーマンの声で歌われます。

その歌詞は、まるでプーと共に生きてきた自分の思い出を重ね合わせているかのようです。

プーと共に育った観客は『プー僕』で大人になったクリストファー・ロビンに共感し100エーカーの森の懐かしさに感動を覚えます。

そんな観客を代表する1人として、50年以上プーと共に生きたリチャード・シャーマンの歌声が、この物語を締めくくってくれるのです。

『プーと大人になった僕』公開中