映画『アバター』待望の続編4本『the Avatar Sequels』公開決定

写真拡大

2009年に世界中で大ヒットを飛ばした映画『アバター』の続編公開が決定。4本撮影される続編『the Avatar Sequels』の内、1作目は全米で2020年12月18日(月)に公開される予定だ。

前作『アバター』では、22世紀の人類が地球から遠く離れた「パンドラ」で“アバター・プロジェクト”に着手。「パンドラ」の先住民「ナヴィ」と人間のDNAを組み合わせた肉体「アバター」を創出することで、有毒な大気問題をクリアし、莫大な利益を生む鉱物を採掘する目論見だった。この“プロジェクト”に参加した元兵士ジェイクは、「アバター」を得て「パンドラ」に降り立つが、次第に人間が「パンドラ」の生命を脅かす任務に疑問を持ち始め、「パンドラ」を守るために立ち上がる。

2017年9月25日(月)に、カリフォルニア州マンハッタン・ビーチにて続編4本の同時撮影を開始。いよいよ、続編製作が始動する。

新キャスト7名も発表。7名は、“アバター・プロジェクト”に参加した若き元海兵隊員のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)と地球から5光年離れたパンドラの先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の間に生まれた子供達と、続編で初登場するメトカイナ族、ティーンエイジャーをそれぞれ演じる。

サリー・ファミリーの長男をジェイミー・フラッターズ、次男をブリテン・ダルトン、長女(末っ子)をトリニティ・ブリスが演じる。そして、ベイリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、デュアン・エヴァンスJrがメトカイナ族に扮し、地球よりパンドラで過ごすのを好む人間をジャック・チャンピオンが演じる。

【詳細】
the Avatar Sequels
公開日:第1作目 全米公開 2020年12月18日(月)
※日本での公開は未定


[写真付きで読む]映画『アバター』待望の続編4本『the Avatar Sequels』公開決定

外部サイト

  • 映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』スティーヴン・キングの伝説的ホラー小説を実写化
  • 映画『ボス・ベイビー』スーツを着た“おっさん赤ちゃん”誕生、ユニバーサル・スタジオ×ドリームワークス
  • 映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』全編が“動く油絵”のアートサスペンス、巨匠ゴッホの死の謎に迫る