横綱史上初、稀勢の里が「北斗の拳」化粧まわし

写真拡大

第72代横綱・稀勢の里が、大相撲5月場所にて、「北斗の拳」のラオウ、ケンシロウ(太刀持ち)、トキ(露払い)のビジュアルを使用した化粧まわしを着用して土俵入りすることがわかった。実物は5月6日開催予定の「横綱昇進披露宴」で披露される。

この化粧まわしは、株式会社コアミックスが大相撲とのコラボとして、同社が支援している稀勢の里のために制作したもの。横綱がマンガをテーマにした化粧まわしを着用して土俵入りするのは史上初の試みだ。

実は同社、稀勢の里が大関の頃から長く支援を続けており、かねてより稀勢の里が横綱になった際には化粧まわしを作る約束をしていた。そして、2017年1月場所の優勝決定後、横綱昇進が決まった稀勢の里は、横綱昇進伝達式後に同社を訪問。用意していた「北斗の拳」キャラクターの中からラオウを選択し、今回の着用に至った。

稀勢の里関がラオウを選択した理由は、尊敬する師匠・先代鳴戸親方(元横綱・隆の里)の「孤独にならないと強くなれない」という教えと、その教えを愚直に守り、言い訳をせずにここまで孤独に邁進してきた今の自分の姿が、主人公のケンシロウではなく、孤独に戦うラオウに重なったからという考えから。

稀勢の里は今回の化粧まわしについて、次のようにコメントしている。

※※※ ※※※ ※※※

化粧まわしを選ぶ際、自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。

孤独で強いってイメージがありますし。
存在感があるし、体もすごい!

力士であればこういう姿になりたいなって思いました。先代の親方(鳴戸親方)からも「孤独にならないと強くなれない」と言われていました。

ラオウの化粧まわしは着けているだけで見えない力が湧いてくるような化粧まわしですので、生で見てほしいなと思います。すごくこだわって作ってもらっているので、ぜひ巡業でも本場所でも足を運んで見に来てほしいです。素晴らしいキャラクターたちに恥じぬよう、気持ちで負けないようにしたいと思います。とても注目されると思うし、自分が一番楽しみにしています。※※※ ※※※ ※※※