現役サッカー選手で、世界最強の「イケメンベストイレブン」を選んでみた

写真拡大

サッカー選手、延いてはサッカーをしている人には男前が多い。

では、イケメンだけを11人集めて世界最強のチームを作れば、果たしてどんな顔ぶれになるのだろうか?

今回は、現役サッカー選手の中から世界最強の「イケメンベストイレブン」を選んでみることにしたい。

しかし、「イケメン」という定義は個人の主観によるものが大きく、選出に関してはこれまで行ってきたドリームチーム企画以上に反感を買う恐れがある。しかも、編集部Sは20代♂である。本来こうした企画は女性目線からの方が良さそうなのだが・・・Qoly編集部は残念ながら全員♂であるのだ。とほほ。

そこで、今回の選出に関しては今まで以上に編集部Sの独断で行うこととする。

世界には数多くのイケメン選手がおり、Jリーグの中にもモデル顔負けの美男がたくさんいたりする。しかし、世界レベルのクオリティを持ったトップクラスのイケメンはやはり限られており、今回はそういった選手を対象に、あくまで「世界最強のチーム」となることを目指す。今回だけは、異論は受け付けません(ごめんなさい)!

また、選手のルックスやヘアースタイルは年齢や時期によって異なる。そのため、編集部S的に「昔はカッコ良かったけど・・・」となる選手は選ばないこととする。選出か否かは「そう遠くない過去から現在」にかけてのルックスによって判定する。

ユーゴスラビア代表や北欧、190cm以上、ワールドカップ未出場といった企画同様、できる限り様々なリーグやクラブからバランス良くメンバーを選び、いろんなタイプの男前選手を選んだ。システムは4-4-2。DFの表記は右から順にしている。

と、まぁ前置きをたくさんしたところで始めてみることにしたい。編集部S選出の、“オールハンサム・イレブン”はこの11人だ!

GK:ジャンルイージ・ブッフォン(ユヴェントス)

Gianluigi Buffonさん(@gianluigibuffon)が投稿した写真 - 2015 4月 8 4:09午前 PDT

年を重ねるごとに男としての魅力を増していっている印象のある鉄腕GK。37歳となった今でも代表チームとユヴェントスで正GKを務めており、パフォーマンスも陰りを見せない。なお、プロデビューして間もない18歳当時のブッフォンのお顔はこんな感じ。うーむ、やはりいい年の取り方をしている・・・。

DF:内田 篤人(シャルケ)

先ほどステージに立った #内田篤人 選手!LIVEで見逃した方も、24時間以内であれば #ペリスコープ で再生可能です!最後にはウッチーからの一言も www.periscope.tv/w/aI3e0TIxNDg4MjV8NTIyMzE1MTLd7L7...
Posted by FC Schalke 04 on 2015年8月2日

日本が世界に誇る右サイドバック、内田篤人。贔屓目を抜きにしても実力、ルックスともに世界クラスであろう。負傷のため開幕からしばらくは戦線離脱となるが、内田はシャルケにとって絶対的な戦力。長年右サイドで抜群の連携を見せていたジェフェルソン・ファルファンが退団したこともあり、新たな前線の選手と良いコンビネーションを築けるだろうか。

DF:アンドレア・ラノッキア(インテル)

Posted by F.C. Internazionale Milano on 2014年11月20日

長身、小顔、整った顔立ち。モデル顔負けのスペックを備え、サッカー界でも随一のイケメン選手がラノッキアだろう。2014-15シーズンからはインテルのキャプテンに就任しており、チームでもすっかり中堅選手に。以前そのイケメンすぎる写真をまとめてご紹介したが、整った顔立ちのなかにキュートさを持ち合わせているのが彼の特徴だろう。俳優で作家の水嶋ヒロさんにそっくり。

DF:マッツ・フメルス(ドルトムント)

Borussia Dortmundさん(@bvb09)が投稿した写真 - 2014 3月 18 12:06午後 PDT

内田篤人も「前々からカッコイイなって思ってた」と認める近代型のセンターバック。長身でありながら足元の技術に優れ、そのロングフィードで香川真司に幾多のチャンスボールを供給した。昨年ごろから髪を短くするようになったが、髪が長かった頃はあのオーランド・ブルームに似ている時期もあった。ルックス、パスセンス、守備能力の三拍子なんて・・・天は二物も三物も与えるのか!

DF:ダレイ・ブリント(マンチェスター・ユナイテッド)

Daley Blindさん(@blinddaley)が投稿した写真 - 2014 12月 3 6:35午前 PST

偉大なるフットボーラーのDNAを受け継いだ貴公子。茶色のカーリーヘアーが特徴あり、前髪はたいていオールバックに。しかし、試合中はいつもいい感じになびいており、その無造作ヘアーにキュンキュンする女性も少なくないはず。3バックと4バックを併用したファン・ハール体制一年目においても貴重な役回りを果たした。私服のセンスも◎。

MF:クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)

Claudio Marchisioさん(@marchisiocla8)が投稿した写真 - 2014 11月 13 8:28午前 PST

どこかキケンな眼差しを向けつつも、ずっと見つめていればその青い瞳に吸い込まれそうになってしまう“美男子”。まさにイタリア人といった彫の深い顔立ちであり、ユニフォームと同じくらい、いやそれ以上にスーツが似合う印象である。この夏、ピルロとビダルが退団しただけに、新シーズンこの選手にかかる期待はより大きくなるはずだ。Twitterアカウントのヘッダー画像がすごい。

MF:イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)

Ivan Rakiticさん(@ivanrakitic)が投稿した写真 - 2015 7月 14 3:57午前 PDT

「王子様」と呼ぶに相応しいほど、高貴な雰囲気を漂わせるクロアチア人MF。2014-15シーズン、新加入ながらバルセロナの戦術に即座に順応し定位置を確保。セスクの不在を感じさせぬ働きを見せ、チャビのいない今後も大きく期待される。この夏、ラケル・マウリさんと結婚。女性のためのWebサイト『ANGIE』の副編集長の郷田絵梨さんは、2014年ワールドカップに出場する全選手の中でナンバーワンのイケメンに投票してくれた。

MF:ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)

Manchester City FCさん(@mcfcofficial)が投稿した写真 - 2015 6月 30 9:37午前 PDT

どこか日本人っぽい顔立ちをしたテクニシャン、シルバ。パッチリ二重が特徴的で、かわいらしい雰囲気は29歳になった現在も健在である。スター選手が揃うマンチェスター・シティにおいても攻撃にアクセントつける貴重な役割を担っており、吸い付くようなトラップの技術はプレミアリーグでも屈指か。口の周りにあるホクロもどこかキュート。

MF:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)

Real Madrid C.F.さん(@realmadrid)が投稿した写真 - 2014 12月 20 3:47午後 PST

もはや説明不要のスーパースター。「世界最強」ということであれば、やはり彼を入れないという手はないだろう。若い頃はオシャレな髪形にも挑戦していたが、近年では短髪が定番に。今、世界で最も「セクシー」という言葉が似合うフットボーラーだろう。

FW:セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)

Sergio Leonel Agüeroさん(@aguerosergiokun16)が投稿した写真 - 2014 11月 8 1:26午後 PST

プレミアリーグでも屈指の得点力を誇るスーパーストライカー。小柄ながら体幹が強く、2011-12シーズンの最終節、劇的なゴールでマンチェスター・シティに44シーズンぶりの優勝をもたらした。以前はかわいい系の顔をしていたが、近年では短髪になり髭を蓄え少し大人な印象に。息子のベンハミンくんも父親譲りの美男です!

FW:フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリー)

Posted by UEFA Champions League on 2015年6月26日

「イケメン」といえばやっぱりこの選手!金髪がとにかく似合う選手で、同じ高校に通っていた玉乃淳氏は「顔よし、人間性よし、サッカーうまし」で「学校のアイドルだった」と記している。と言うか、「フェルナンド・トーレス」という名前がもうすでにかっこいい!新シーズンからはかつて背負っていた背番号9を背負うことが決定しており、プレシーズンマッチではゴールも奪っている。

監督:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー)

"Special One"で知られる稀代のカリスマは、最高のダンディズムを兼ね備えるリーダーでもある。ポルトを率いて欧州を制覇してから十数年が経過したが、その表情は年々シブみを増している。スーツ姿が最高にかっこいい。

他にはこんなイケメン選手がいました。

GK:フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)
GK:イケル・カシ―ジャス(ポルト)
GK:フェデリコ・マルケッティ(ラツィオ)

DF:ダニエル・アッガー(ブレンビューIF)
DF:セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
DF:フィリップ・ラーム(バイエルン)
DF:マテュー・ドゥビュシ(アーセナル)
DF:マッティア・デ・シーリョ(ミラン)
DF:デアンドレ・イェドリン(トッテナム)
DF:ファビオ・コエントラン (レアル・マドリー)

MF:細貝 萌(ヘルタ・ベルリン)
MF:山口 蛍(セレッソ大阪)
MF:ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
MF:ミケル・アルテタ(アーセナル)
MF:ミゲウ・ヴェローゾ(ディナモ・キエフ)
MF:アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティFC)
MF:フランク・ランパード(ニューヨーク・シティFC)
MF:ク・ジャチョル(マインツ)
MF:ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)
MF:ハビエル・パストーレ(PSG)
MF:カカ (オーランド・シティ)

FW:ドリース・メルテンス(ナポリ)
FW:マルコ・ロイス(ドルトムント)
FW:マリオ・ゲッツェ(バイエルン)
FW:ロケ・サンタクルス(クルス・アスル)
FW:ハビエル・エルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)
FW:オリヴィエ・ジルー(アーセナル)
FW:フランチェスコ・トッティ(ローマ)

もちろん、これが全員ではありませんが、それにしてもどうしてサッカー選手にはイケメン選手がこれほど多いのでしょうか・・・。