千葉県市川市は21日の市議会で、市議が行ったとされる市職員へのパワーハラスメントについて、「十分な証拠に基づかず公表したのは不適切だった」として陳謝した。 市によると、昨年4月のパワハラに関するアンケートで、市議と職員の間での答弁の下準備を巡り、職員計9人がパワハラを申告。この申告に基づき、市はパワハラと断定し、同年8月、