富士通と理化学研究所が共同で開発を進めているスーパーコンピューター(スパコン)「富岳」の原型機が、スパコンの消費電力性能を競うランキング「グリーン500」で世界1位を獲得した。富岳は2021年頃の本格稼働を目指して開発が進んでいる。創薬や防災、人工知能(AI)といった幅広い分野の新しい研究に活用が期待されている。グリーン500は、世界中のコンピューターシステムの計算処理速度上位500位にランク