11月6日に発表されたシャオミの「Mi Note 10」はサムスンと共同開発した1億800万画素(108メガピクセル)のカメラを搭載しています。とはいえ実際に1億画素の画質はどうなんでしょうか?数字だけで撮影してみたらそれほど大したものではない、なんてことがあるかもしれません。筆者はわずかな時間だけですがMi Note 10にふれる機会があったので実機での撮影を行ってみました。

まず誰もが気になるのが「本当に1億画素なのか」「カメラの使い勝手はどうなのか」といったあたりでしょう。カメラを立ち上げるとモード切替には「カメラ」「108メガピクセル」が別々となります。つまり1億画素を使う場合は手動でカメラを切り替える必要があるのです。

撮影した写真にウォーターマークを入れると1億画素撮影時は「SHOT ON MI NOTE 10 108MP PENTA CAMERA」を画素数がアピールされた表示になります。実際にシャッターを押してみると、ファーウェイの夜景モードやサムスンのナイトモードのように、写真が保存されるまでに数秒かかります。さすがに1億画素で撮影するとなると処理に時間がかかるようです。

今回は夜遅い時間に30分ほどしか試せなかったため、作例は簡単に3つのみ。まずはレストランの中でデザートのチョコレートを撮影。オリジナルでそのまま撮影した画像サイズは6016x4512ピクセル。下の写真はこれを1500x1125ピクセルに縮小しています。

同じ被写体を1億画素で撮影しました。オリジナル画像サイズ12032x9024ピクセル、計算するときちんと108メガピクセルとなります。下の写真も同様に1500x1125ピクセルに縮小したものを貼り付けています。なおオリジナルのファイルサイズは約15MBとかなり巨大です。

両者の差を拡大して比べてみます。左が標準、右が1億画素です。チョコレートの表面のディテールが1億画素が勝っていることがわかります。

こちらは外に出て海辺で建物を撮影。まずは標準、同様に1500x1125ピクセルに縮小。

同様に1億画素を1500x1125ピクセルに縮小。

光量が少ないのでいい作例とは言えないでしょうが、机の上の明かりを見ると1億画素側のほうがよりしっかり表現できています。

最後は夜景です。遠くのビルや水面に注目したいところですが、

こちらは暗い遠景を拡大してもわかりにくいのでこのままで比較。1億画素のほうが水面や遠くのビルがシャープに撮影されている印象。実ファイルで比べるとその差はよりわかります。夜景を撮った感じでも1億画素側のカメラ性能はしっかり発揮できていると感じます。いずれ改めて明るい環境下でポートレートや風景、物撮りなどでその差を確認したいところですが、来年以降のスマートフォンにはこのクラスのカメラが搭載されるようになることを考えると楽しみが広がりますね。