クサいのはNGでしょ! 女性のための、デートの体臭対策3つ

写真拡大

「体臭」は人間の生理現象なので決して自分の意思で止めることができないもの。それは、デートのときも例外ではありません。だからと言って、特に好きな人の前では、「クサい」なんて思われたくないもの。働く女性たちは、デートの際にどんな工夫をしているのでしょうか? アンケートで調査してみました!

■いい香りでごまかす!

・「香水を入れて、においが気になったときにつける」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「前日の夜にいい香りのするボディクリームを全身に塗っておく」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「デートのときだけとりあえず香水を少しつけておく」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「いい香りの柔軟剤で洗濯した服を着る」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

香水や、柔軟剤の香りで多少の体臭はごまかすことができます。しかし、きついにおいは逆に悪臭と思われることも。におい選び、量には気をつけたいですね。

■お風呂でしっかり体を清潔に!

・「風呂に入り清潔にすること」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「首のうしろをよく洗っておく」(28歳/食品・飲料/技術職

・「朝一でお風呂に入って全身洗う」(31歳/不動産/専門職)

・「シャワーをして出かける」(31歳/金融・証券/営業職)

「クサい」と他人に思わせてしまう体臭の原因の多くは、「雑菌」ですよね。体を清潔にしていなければ雑菌が増殖し、においのもとを増やしてしまいます。デートの前はきちんと体を清潔な状態にするとよいでしょう。

■制汗剤をうまく使おう!

・「素足にベビーパウダーをはたいてからストッキングや靴下を履くといい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「前日のお風呂あがりにすぐに体臭を抑えるクリームを塗りこむ」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「汗ふきシートでこまめにケアする」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

体全体に使えるものから、足専用、脇専用など、制汗剤はさまざまな種類があります。いろいろと試してみて、自分の体に合うものを使いたいですね。

体臭を抑える方法は、このようにいろいろあります。ときと場合、特ににおいが気になる箇所に応じて、使いわけてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数 女性190件(22〜34歳の働く女性)。