「優しいボインは最強ね」宮崎謙介氏に《4年ぶり不倫》発覚 30〜40分で一方的に満足するとグーグー寝て… から続く

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

 育休取得を宣言していた中で不倫が発覚し、2016年、衆議院議員を辞職した宮崎謙介氏(39)。現在は実業家の傍ら司会業をこなし、妻の金子恵美元議員(42)と共に“不倫を乗り越えた夫婦”として数々のメディアに登場している。


2016年の辞任会見の時の宮崎氏 ©文藝春秋

 ゲス不倫報道から4年半、宮崎氏は再び家族を裏切っていた。宮崎氏と不倫関係にあったA子さん(30代)が「文春オンライン」特集班にその胸中を語った(#2より続く)。

「深夜には戻ってくる」と言った宮崎氏を待ち続けたが……

 中国地方で医療従事者として働くA子さんは、今年6月宮崎氏とSNS上で連絡をとり親しくなった。 複雑な家庭環境で育ったA子さんは過去にも不倫経験があったという。

 A子さんは10月21日、都内の高級ホテルで宮崎氏と関係をもったのだが、宮崎氏は行為を終えるとすぐに寝てしまい、その後の会話もほとんどないまま自宅へと帰っていったという。A子さんに「深夜には戻ってくる」と約束したが、宮崎氏からの連絡はなく、A子さんは翌朝まで待ち続けた。だが22日、やっときた宮崎氏からのSNSのメッセージには詫びの言葉はなかった--。

《おはよう!ありがとうね!》

《銀行いってくる》

「多分、私と何を話したとか忘れていたんでしょうね。待ってたことを伝えるとやっと《ごめんね》《寝落ち》(10月23日)って。何でこんな人に本気になったんだろうって、後悔して、自分を責めました。それでも宮崎さんには《埋め合わせ案件ですよ》ってやんわり返したのですが、いっこうに連絡がなくて。その間、自分がやっている公式ブログだけは毎日更新して、奥さんやお子さんと楽しそうに笑っている様子をアップしている。

 だんだん怒りがこみあげてきました。《扱い酷すぎやけん》(11月7日)って送っても今は忙しいとあしらわれて、最後は《もうやめてくれ》(11月7日)って送られてきました。やることやって、そのままポイして、今までの5カ月は何だったのでしょうか」

「浮気する気満々。まったく信用できない人でした」

「私には『医療従事者を尊敬する』と、まるでコロナで忙殺されている私を癒したいというような言葉を並べながら、結局は性的な要求をして、気が済んだらポイ捨てです。メディアでも『不倫は百害あって一利なし』とか言っていましたが、本当は浮気する気満々。そのくせ、ブログではいい夫、いい父親像を演じている。まったく信用できない人でした。最近、テレビ番組に出ていた時も『政治家にまたなりたい』と言っていましたけど、それだったら自分の言った言葉や、やったことに責任を持って欲しいです」

 確かに宮崎氏は、10月28日放送の「ゴゴスマ」(TBS系)で「いつかまた死ぬまでの間に1回くらいは立候補させてもらえたらうれしいかなと思っています」と発言。妻の金子恵美氏は今も宮崎氏の政界再進出を望んでいるという。

「A子さん……ちょっとすみません。わからないです……」

 A子さんとの関係を聞くため、11月26日朝、取材班は宮崎氏本人を直撃した。4年前は声をかけると走ってタクシーに飛びのった宮崎氏だが、今回は名刺を受け取り真摯に対応した。

--宮崎さん、すみません。文春オンラインです。

「はい。どうも。はい」

--A子さんをご存知ですか?

「A子さん……ちょっとすみません。わからないです……」

--その方と10月21日にコンラッド東京で肉体関係を持ったと聞いているが。

「え、そんな話になってるんですか? いや。えーと、そんなことはないと思うんですけど」

--(プリントしたメッセージのやりとりを見せながら)宮崎さんのDMで間違いないですか?

「はい。そうですね。私の」

「一度お会いはしています。それこそホテルの近くで」

--8月18日にはLINE電話を?

「電話では話したことありますけども。あの、思い出した。医療従事者の方で、その方に対して『頑張ってくださいね』って感じで。結構色々と悩み相談を聞くような状況でありました。東京にも来られるという話だったので、色々と相談に乗っていたというのが実情でして」

--会ってはいない?

「一度お会いはしています。それこそホテルの近くで」

--コンラッド?

「コンラッドの近くでお会いしてます」

「激励というか、頑張っていただきたいなという感じですね」

--近くでお茶とかしながら?

「そうですね。本当に1時間くらいだったと思うんですけど、お会いして」

--そこでは何を喋ったとか覚えていますか?

「普段からいつもお仕事お疲れ様ですというような感じの内容の話をさせてもらっています。(A子さんの方から)『東京に来るのは久しぶりだ。でも1カ月前にも来たけど』と、そんなような話から仕事のストレス、職場の話とかがメインで。僕も今子育てをすごく頑張っているという話をしたりとか。まあそんなような話で、何ていうんですかね。言い方が正しいかわからないですけど、激励というか、頑張っていただきたいなという感じですね」

--宮崎さんがA子さんの顔写真や胸の写真を「送って」とおっしゃっていたと。

「それはちょっと。そういうのじゃないですね。私は、そういう話はしていないですね。初めてお会いした時に、インスタ以外の写真を見たという感じで。むしろ東京に来られるという話だったので、私結構タイトなスケジュールだったんですけど、お会いしたという」

「男女の関係は絶対にない」主張にA子さんが写真を提示

--いわゆる不倫関係ということではない?

「では、まったく。なぜそういう話になっているのか私はわからないんですが。『次にまた会ってほしい』という話をされていたんですが、私もそんなに何度もお会いできるような状況じゃないのはよくわかっていますし、『話をしたい』というお話になったので、お時間を作らせてもらったというところですので、とてもなぜその……。次にお会いしたらまたちょっと状況が違うのかもわからないんですけど、それはちょっとやんわりというかお断りしつつ」

--男女の関係は絶対にないということですね。

「はい。そうですね。すみません。申し訳ありませんけど。そういうことではないです」

 そういうと宮崎氏はそそくさと自宅へと戻っていった。

 A子さんとの不倫関係を否定した宮崎氏。そのことをA子さんに伝えると、「嘘つきですね……。本人が一番わかっていることだと思います。証拠もいろいろあるのに」とため息をついた。そして「こういうのはあまりだしたくないのですが……」と語ると、ホテルの部屋に脱ぎ捨てられたズボンなどの写真を取材班に示した。

ついに書面で「女性とホテルでお会いしたことは事実」と回答

「これは、あの日彼がホテルにやってきて、一方的に満足して寝てしまったあと、私がこっそり撮った写真です。話もほとんどせず、することだけしてさっさと寝てしまった彼に対してすごく不安を覚えて。彼は私を嘘つきにしたいのかもしれないけど、私は嘘はついていません、何度も理解しようと歩み寄りました、本当に好きだった……。最後までそんな不誠実な態度をとるなんて。私は弄ばされただけだったのでしょうか……」

 改めて、宮崎氏のLINEや携帯電話のショートメールに事実関係を確かめるメッセージを送ったところ、宮崎氏の代理人弁護士から以下の書面が届いた。

〈お問い合わせの女性とホテルでお会いしたことは事実です。悩み相談を長く受けており、少しでも元気づけてあげたいと思うようになりました。お会いすることで癒すことができるのであればとお会いしましたが、そのことがかえって傷つけることになってしまったことは申し訳なく思っております。

 既にこのことは妻にも報告をしており、厳しく注意されました。

 襟を正し、地に足をつけていくことを誓いました〉

 思えば、2016年2月12日の議員辞職会見で、宮崎氏はこう述べていた。

「信なくば立たず。国会議員の端くれとして、主張してきたことと自らの行動の辻褄が合わないことを、深く、深く、深く、反省をし、議員辞職をする決意を固めたところでございます」

 だが、その舌の根の乾かぬうち、再び「人間としての欲」に負けてしまった。再び政治家を目指しているという宮崎氏だが、「チンなくば立たず」の言い間違いだった?

 11月27日(金)21時30分から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

《直撃動画公開》“元祖ゲス不倫”宮崎謙介元議員が30代独身女性と《4年ぶりゲス不倫》 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))