Snow Man・ラウール

写真拡大 (全10枚)

男性向けライフスタイル誌「GQ JAPAN」が、今年最も輝いた男性に贈る「GQ MEN OF THE YEAR 2020」の授賞式を、23日の都内で開催。そこでは、受賞者の本木雅弘星野源田中みな実瑛人SixTONES(ジェシー、松村北斗)、Snow Man(ラウール、目黒蓮)らが出席した。

「GQ MEN OF THE YEAR」は、今年で15回目の開催。生き方、仕事、スタイルにおいて、読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性や女性に贈られるもの。

受賞者を選ぶ際に「今年、最も輝いたヒーローたち」という観点があったことから、自身における「ヒーローは?」という共通質問があった。

その問いに対し、Snow Manの目黒は「ジュニアのときから滝沢(秀明)くんです」と現在は、事務所・副社長の名前をあげた。「憧れの存在だけでなく、今までたくさんのことを教えて頂いたお陰で、ここに立てています」と、改めて感謝の気持ちも表した。

▼ Snow Man・目黒蓮

「GQ MEN OF THE YEAR 2020」の授賞式より

一方のSnow Manのラウールは「僕は(テレビ朝日系のドラマ)ドクターXが大好きなので、大門未知子先生です」と答えて、ニヤリ。「キャラクターという存在なのですが、僕にとってはヒーロー。全部のシリーズを見てます」とテレビネタを持ち出し、笑わせた。

そして、SixTONESのジェシーは「ジム・キャリーですね」と憧れる存在を明かした。「人々に笑顔を与えてくれるからです。僕もふざけるのが好きなので、笑いを届けられると明日も頑張って生きられる。なので、影響されているのはジム・キャリーです」と語った。

▼ SixTONES・松村北斗

同じSixTONESの松村は「大泉洋さんです。色んなものを通して人を笑顔にして、幸せだったり、勇気を与えている方。やっていることのすべてが本業のような姿に憧れています」とイメージしている内容を細かく伝えていた。

今回の会場では、お笑いコンビのEXIT(オンライン出演)、女子テニスの大坂なおみ(授賞式は欠席)、ファッションデザイナーのNIGO氏、映画監督の黒沢清氏、テレビディレクターの福澤克雄氏らも受賞していた。