常磐道あおり殴打事件の被告に執行猶予4年 被害者と和解成立の可能性も

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 常磐道あおり殴打事件の被告に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が下された
  • 被告が実刑にならなかった理由などについて、元刑事・小川泰平氏が推測
  • 被害者との示談、和解が成立している可能性があると述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x